アーサ・バザール <本>

b0198254_213582.jpg 中古民家主義  
  真鍋じゅんこ 著 鴇田康則 写真 アーサ イラスト  
  交通新聞社  ¥1890


雑誌「散歩の達人」に連載のコーナーが1冊にまとまったもの。2008年刊。日本や世界の村、近年はとくに漁師町のルポをフィールドワークにする真鍋じゅんこさんとカメラマンの鴇田康則さんご夫妻とともにアーサは間取り図イラスト担当として、取材に同行。いつも見慣れた東京のなかにある普通の家々を文、写真、イラストの三位一体で記録した1冊。この本が発刊された際には、三方による「スライドトーク&中古民家めぐりツアー」も都内各所で敢行され、2008年6月には古書ほうろうもスライドトーク会場のひとつとなりました。今回のアーサ・バザールではその間取り図の原画、描き込みすぎてボツになった!という幻原画も展示しています。



b0198254_2194231.jpgb0198254_21105333.jpg 世界の『あたり前の家』   
  エクスナレッジ 各¥1575
  1.ふだん着のパリ住まい
  2.手わざが光るモロッコ暮らし

 にむらじゅんこ 著 Gilles Raynaldy & Junko Nimura 写真  
   ブックデザイン 原条令子デザイン室  イラスト アーサ


パリのアパルトマン、あるいは城と見紛うセレブモロッコから立って半畳寝て一畳の貧乏モロッコまで、あたり前の家を、その暮らしぶりとともに取材したにむらじゅんこさんのシリーズ2冊パリとモロッコ。チャーミングなブックデザインも魅力のこの本、全体が暮らしの細部のモザイク模様、コラージュ作品のような構成で、アーサの描く家々の間取りイラストではじめて家の構図が解き明かされます。


b0198254_2114411.jpg俳句雑誌 塵風 2010 雨水 第2号 西田書店 発行人 斉田仁 ¥1050
特集:風景 
   高野文子インタビュー もの・しぐさ・身体・視線


唖々砂(アーサ)同人。マンガ家、高野文子にインタビューしています。特集執筆に宇野亜喜良の名も。表紙題字は書家北村宗介、写真鬼海弘雄



b0198254_21241033.jpg句誌 月天 GWATSUTEN 
バックナンバー各種 ¥500


唖々砂(アーサ)同人。
根岸西岸寺での毎月第一土曜日の句会を中心とした同人誌。入会金、年会費の類なし、明朗会計、完全割勘制、誌是 一人一派 (2003年第七號奥付より転載)
[PR]
by books_albatross | 2010-10-17 22:11