『きのこ文学名作選』(飯沢耕太郎編/港の人発行)刊行記念トークイベント  きのこが好き。本が好き。

古書信天翁店内でのトークイベント開催が決定しましたので、お知らせいたします。


『きのこ文学名作選』(飯沢耕太郎編/港の人発行)刊行記念トークイベント
きのこが好き。本が好き。



 出演 飯沢耕太郎
 (聞き手 南陀楼綾繁)

 会場  古書 信天翁(日暮里)
 日時  12月4日(土)14時~
 入場料 1000円
 定員  40名(予約制)
 (トーク終了後、サイン会を行います)



現代日本を代表する写真評論家・飯沢耕太郎さんのもう一つの顔、それは〈きのこ文学研究家〉。書肆くさびら堂主人を名乗り、きのこをこよなく愛する飯沢さんが編集した『きのこ文学名作選』刊行を記念して、「きのこ」と「本」のことを語りつくすトークイベントを行います。

聞き手に、ライター・編集者の南陀楼綾繁さんをお迎えして、「なぜ今きのこ文学なのか?」という素朴な疑問から、飯沢さんのきのこ本コレクションのこと、これまで飯沢さんが手がけてきた本のことなど、「きのこ」と「本」に対する熱い思いを語っていただきます。また、写真評論家・飯沢耕太郎の意外なルーツや、10月に刊行したアフリカ紀行集『石都奇譚集』のことなど、ほかでは聞けない貴重なエピソードも飛び出します。「きのこ+本」トークをぜひお楽しみに!

【出演者】
飯沢耕太郎(いいざわこうたろう)
1954年宮城県生まれ。写真評論家、きのこ文学研究家。1990年から94年まで、季刊写真誌「デジャ=ヴュ」編集長をつとめる。著書に『増補 戦後写真史ノート』(岩波現代文庫)、『写真的思考』(河出ブックス)ほか多数。きのこ関連の著書としては、『きのこ文学大全』(平凡社新書)、『世界のきのこ切手』(プチグラパブリッシング)、『マジカル・ミステリアス・マッシュルーム・ツアー』(東京キララ社)などがある。現在「文學界」に「きのこ文学の方へ」を連載中。新刊『石都奇譚集』(サウダージ・ブックス+港の人)も発売中。


南陀楼綾繁(なんだろうあやしげ)
1967年島根県生まれ。ライター、編集者。古本、新刊、図書館、ミニコミなど、本にかんすることならなんでも追いかける。1997年から2005年まで、編集スタッフとして「本とコンピュータ」編集室に在籍。「不忍ブックストリートの一箱古本市」発起人。著書に『一箱古本市の歩きかた』(光文社新書)、『ナンダロウアヤシゲな日々』(無名舎出版)、『路上派遊書日記』(右文書院)、『老舗の流儀』(幻冬社メディアコンサルティング)などがある。



ご予約・お問い合わせは〈古書 信天翁〉まで
・店頭
・電話   03-6479-6479
・メール  albatross@yanesen.net

件名「飯沢耕太郎トーク予約」とし、「お名前」「人数」「当日連絡のとれる電話番号」をお書きそえの上送信してください。追ってお返事いたします。




今回のイベントの主催である「港の人」は鎌倉にある小さな出版社です。トークの聞き手であり、我等がしのばずブックストリートの代表でもある南陀楼綾繁さんのご紹介で引き合わせていただきました。以下は港の人HPのご挨拶よりの転載です。

「港の人は、1997年4月に創立した、古都鎌倉にある出版社です。社名は、縁の深かった詩人、北村太郎さんの詩集『港の人』からいただきました。2002年に鎌倉の大町から由比ガ浜に事務所を移転、海岸から歩いて10分ほどの由比ガ浜通りに面した静かな場所で、日々書物作りに励んでいます。日本語学、教育学、社会福祉等の学術図書、詩集、小説、人文書、芸術書の出版を手がけています。一冊一冊の書物が、希望の書物であることを願っています。」

港の人HP http://www.minatonohito.jp/main.html
[PR]
by books_albatross | 2010-11-05 23:04