平田俊子詩集フェア@信天翁 スタート

来る1/29(土)、Pippoのポエトリーアワー第1回ゲストとして詩のトークと朗読をされる平田俊子さん。詩人、小説家として活躍されておりますが、信天翁では今回のイベントの連動企画として、現在入手可能(『ターミナル』は入手不可)な新刊詩集(+第一部でとりあげる高村光太郎詩集も)を集めた「平田俊子詩集フェア」を、本日より店頭にて展開中です。Pippo思潮社書肆山田のご協力のもと、以下のタイトルが揃いました。イベントにご参加予定のみなさま、イベントには来れないけれど平田さんの詩を読んでみたい、そんな方も、ぜひこの機会にお手にとってご覧ください。なお、今回取り揃えた平田さんの詩集については「平田さんの詩の朗読をみて、ビリリと電撃を受けた」というpippoが「Pによる、平田俊子詩集レビュー」として、自身のサイトP-Wave特設ページ内で詳しくご紹介しています。こちらもあわせてどうぞご覧ください。P-Wave Pippoのポエトリーアワーへのみち

平田俊子詩集
思潮社
 ・夜ごとふとる女 (1991年)  ¥2200
 ・(お)もろい夫婦 (1993年)  ¥1800
 ・ターミナル (1997年)    ¥2200
 ・平田俊子詩集 現代詩文庫158 (1999年)  ¥1200
 ・手紙、のち雨 (2000年)   ¥2200
 ・詩七日 (2004年)      ¥1800
書肆山田
 ・宝物 (2007年)       ¥2800

高村光太郎詩集 現代詩文庫1018 ¥1200 思潮社

b0198254_15223711.jpg
b0198254_15241046.jpg

[PR]
by books_albatross | 2011-01-22 16:18 | 委託品