音の台所 ブルクミュラー鳥ノオト

ピアノ雑誌「ムジカノーヴァ」(音楽之友社)に連載中の「ブルクミュラー鳥ノオト」。25の練習曲のなかからこれまで誌面に掲載された12曲を12の鳥たちが案内する、音の台所さんによるイラスト展示がいよいよ始まりました。かつてピアノを習った経験をお持ちの方には、懐かしい記憶の扉をコツコツと鳥たちがノックするような、それでいて、これまでみたこともなかった新しい風景に導いてくれるような世界が広がっているように思います。そしてもちろん、ブルクミュラーは知らない、とか楽器や楽譜はわからないや、という方にも、展示された一枚一枚のイラストは、楽譜も含めてそれがひとつの絵なのであろう、と思えるほど自由で伸びやかです。そしてなにより、バードウォッチング! そんな気持ちで連休中にでも鳥たちに会いに来てくれたらうれしい。音の台所さん描く鳥たち、ほんとにチャーミングです。展示期間は4/23(土)〜5月8日(日)。

b0198254_158928.jpg
そのまま信天翁の窓の外へ羽ばたいていきそう。「帰郷」ムクドリ


b0198254_1510459.jpg
ツバメコーナー


b0198254_1553871.jpg
入口にはクジャク「アラベスク」

b0198254_1523479.jpg

b0198254_1541465.jpg



b0198254_15113143.jpg
みつけておくれ。



b0198254_22421555.jpg
「ムジカノーヴァ」巻頭を飾るブルクミュラー鳥ノオト12回目の5月号、取りあげられているのは「アラベスク」。どうぞ手にとってご覧ください。

 ・ピアノを教える人、学ぶ人の雑誌 「ムジカノーヴァ」 
           最新号(2011年5月)音楽之友社 ¥880

[PR]
by books_albatross | 2011-04-25 17:16 | おしらせ