「失われた時を求めて Remembrance of things past 」トートバック

日暮里に生まれて育ち、現在は自宅を写真スタジオLIGHT&PLACEとして活動を続けるカメラマン和田高広さん。芸工展2011 〜 恵比寿RONG-Tai FACTORY GALLERY と好評巡回した「失われた時を求めて Remembrance of things past 」展で展示された作品から写真2パターンを使って製作されたトートバッグの取扱いを始めました。28年前写真学校時代の若き和田さんが「たいした目的もなく撮った」という地元日暮里の風景と同地点の2011年現在風景がプリントされています。和田さんの作品に通底するノスタルジーに浸らない抑制された目線がこのトートバッグにも息づいていると思います。 LIGHT&PLACE 日々雑感 「Strange love」


トートバッグ
・日暮里弥々亭前 
・谷中銀座        各2000


b0198254_16381456.jpg
まずは日暮里弥々亭前バージョン 弥々亭の並びは「純喫茶白鳥」1982年

b0198254_16391767.jpg
2011年現在の風景は内側に。バックプリントになっているのもあります。



b0198254_16401939.jpg
谷中銀座バージョン 画像ではよくみえないですが、ヒラヒラの昭和な花飾り1982年 

b0198254_16411927.jpg
バックプリントは2011年現在夕やけだんだんから望む谷中銀座。内側プリントタイプもあります。
[PR]
by books_albatross | 2011-12-10 20:34 | 委託品