東京蚤の市終了しました。

先週末5/26,27の土日、東京の西、多摩川沿いの競輪場内で開催された「東京蚤の市」に出店参加してきました。本のほかにも、家具やくらしの道具、雑貨などの古いものを扱うお店が多数集まったにぎやかな祭典、お天気も上々で、たくさんのお客さんにご来場いただきました。わたしたちの出店場所は車券売り場前。映画「無能の人」で竹中直人が風吹ジュンから券を買ったちょうどあの場所。かどうかはわかりませんが、そんな場面を思い出しつつ、石を、いや本を並べました。想像上のパリの蚤の市ということでキリムを敷き、写真集や画集を積み上げました。 

b0198254_15135456.jpg
テーブルは会場でお借りしました。ほかにもテントやイスなど前もって予約すると会場でレンタルできて助かりました。

b0198254_15151285.jpg
ベンチとスツールは店から持っていったもの。

b0198254_15162530.jpg
パリってこんなでしょうか....?


他の店を見てまわって、買い食いも楽しもうと目論んでいましたが、気づくとほとんど出歩く時間がないままに過ごしてしまいました。それでも、搬入搬出時に交わすあいさつや、隣近所の店主さん、知り合いの同業店主さんとのささやかな交流がうれしく、大いに刺激的な2日間となりました。ご来場のお客さま、主催、運営の手紙社さん、きめ細かい会場案内などいただいたボランティアスタッフのみなさま、ありがとうございました。帰り道の多摩川河川敷の夕日がきれいでした。

それから、蚤の市出店中、信天翁の店番を買って出てくれた「蝉の店」の有志のみなさんに一番大きな感謝を。留守の店をだれかが守って帰りを待っていてくれる、そんな恵まれたことはそうはないことです。どんな時でもそういう大事なことを忘れない自分でありたいと思います。
[PR]
by books_albatross | 2012-05-30 16:03 | あほう♀