ハナニラ 



b0198254_03443816.jpg
b0198254_03440318.jpg


実家の庭にちらほら咲いているハナニラ。
球根植物ということは種が風に運ばれて...ではない、植えたから咲いているんだろう、いつ植えたのか。
うちが立つまでこの土地は栗林だったらしく、庭の土は掘っても掘ってもかたい粘土質で、園芸向きではないことを母は残念がっていたし、父の植えた柿の木も30数年経たいまだ寸足らずの痩っせ痩せ(ちょっと上背の大人がひとり腕を広げ、一体どうすりゃいいのよと困ったように首をかしげ体をくねらせているとイメージしてください)で、柿の木にみえない。
おかげで高枝切りバサミを駆使する必要もなく、毎年「畑のトマトぐらい楽に柿もいで食えるんだ。」(父談)

そんな土壌もハナニラにはそう悪くもなかったようだ。
なんの気なし、ちらっと建物の裏側に回り込んでみたところ、
ハナニラはちらほらどころではなく、辺り構わず旺盛に咲き乱れていたのだった。

b0198254_03441447.jpg








[PR]
by books_albatross | 2015-04-17 05:54 | あほう♀