キクラゲ

b0198254_20461082.jpg
ビル前花壇のキクラゲ。
ビルに入居したとき、ここには大きなモミの木(か、あるいは「のような木」)があった。
その木は巨大化の上、季節によって松ヤニみたいな粘液を降らせるので2年ほど前に伐採された。
その切株に今年キクラゲが繁殖している。
これが果たしてほんとうにキクラゲなのか、食べられるのか、Wikipediaを調べたり、公園の木などに自生(寄生?)しているキクラゲを食べてみた人の実録ブログを読んだりしている。普通にイケるみたい。
キクラゲは大抵は広葉樹の木の根元などに繁殖するらしいけれど、針葉樹の切株などもあり得ないことはないともわかった。
だから、姿形からすればやっぱりこれはキクラゲなんだと思う。
食べるならぜったい卵とオイスターソースで中華炒めがいいなぁ。
と、毎朝思いつつ観察している。







[PR]
by books_albatross | 2015-07-02 21:17 | あほう♀