カテゴリ:あほう♀( 83 )

2017年 #1 ペチゼミ

先日、自室の蘭鉢の影から不意に大きなアリが這い出してきて驚きました。
これさっきまで土のなかでじっとしてたのか? 横になって動かないアリの寝姿を想像して少しオゾっとしながら、そのアリをつまんでベランダに逃がしてやりました。もう啓蟄ですね。


b0198254_15483902.jpg

アリの寝床だった蘭鉢、満開



この数年、激しい気分の浮き沈み等々、自分の不安定に自分でもほとほと困ってしまい、越冬アリではないけれどもわたしも時折穴にもぐったようにしてじっと横になっていることがありました。
元来が社交的でも活動的でもないのだし、あまり深刻にならずとも不安定は年齢的な曲り角のせいもあろう。
とも思い、「このサイクルを掴む」「やり過ごす」がこのところの私のキーワードでもあります。

そんななか千駄木ペチコートレーン(ペチと呼んでます)を会場に毎月第4日曜日に開講される近藤十四郎さん首謀の講座「ペチゼミ」には、1年を通してほぼ皆勤で通いました。
偶数月は多岐祐介先生のペチゼミ文学。
「芥川が死んじゃった。」で始まった文学講義では、不安定な文人たち、面倒臭い秀才たちの数々の逸話をとおして作品の内と外、文学の内と外とを、毎度先生の語り口調に引き込まれながら、ジャズを聴くように聴きました。
奇数月はライター・イラストレーター金井真紀さんと様々なゲストとのトーク、ペチゼミひと。
金井さんのちょうどいい相槌や何気ない問いかけで、ゲストのトークは転がって、いつのまにかペチが普段の音楽ライブとは一風変わった熱気に包まれている、という光景を何度も目撃しました。

振り返ると、コンディション調整中の私にとって月1のペチゼミ通いもまた、なにか自己メンテナンスの一環となっていたようで、一年たったいま、余分なものが少しずつ落ちていったかなぁと感じられる心持ちです。

ペチゼミ、多岐先生の「文学」は先日の尾崎一雄「虫のいろいろ」で今年度終了しましたが、
金井真紀さんのペチゼミ「ひと」の最終講座は、3月26日(日)、ゲストは写真家の鬼海弘雄さん。
さらに、ペチゼミは2017年度も継続することが決まったとのこと、とても嬉しく思います。
新たにまた1年、聴き耳たてに私のペチ通いが始まります。







b0198254_15481435.jpg








[PR]
by books_albatross | 2017-03-01 02:26 | あほう♀

今年は平日を実家、週末を店と決めて18年ぶりの電車通勤をしました。
単線ローカル成田線と常磐線快速あわせて40分程の車内ではiphoneのラジコでTBSラジオを聞いていたり、なにかしら文庫本を読んでいたりしました。電車待ちで立ち寄るA駅前のTブックスでなにかないかな〜と棚を端から眺めるのがちょっとした習慣になり、夏ごろひっそり見つけたカーソン・マッカラーズの新訳『結婚式のメンバー』が今年思い出深い読書になりました。「中2病ってこういうことか。」と腑に落ちながら46歳が読む、夏。
ほかにマッカラーズの連なりで読んだアメリカの小説、サローヤンやラードナー、アップダイク、日本の小説では藤沢周平を好きになりました。

みなさん、どんな1年を過ごされていたでしょうか。

今年も公私とも多方面のみなさまにお世話になりました。
どうもありがとうございました。


【おまけ:ここ最近5分日記】

12/28 (水)
布団干しのついでに昨日オーブンしたサツマイモもベランダで干す(父のリクエスト)。
玄関先の蘭、越冬のため室内に移動8鉢。今晩食べる用のサバを塩焼きにして、大根おろしと持参で日暮里出勤。

12/29 (木)
お正月営業向け商品準備。商品にならなそうなコピーホチキス止め英文の鳥観察レポート、表紙厚紙の鳥イラストがきれいだったのでカッターで切り抜く。栞にする。来年は酉年だ。

12/30 (金)
台所を掃除してから開店。小窓、壁、レンジ周りと床の汚れをメラミンスポンジの激オチ君で1時間余り擦りに擦る。肩、肘、肋痛がすっきりしたように思われるが、筋肉痛が遅れているだけだろうか。夜には店内換気扇の掃除もして今年の営業終了。黒い麦とホップ350ml缶で軽くおつかれさまをして帰る。



みなさま、よいお年をお迎えください。

b0198254_14565566.jpg























[PR]
by books_albatross | 2016-12-31 15:10 | あほう♀

クルミ

b0198254_17584091.jpg


クルミ割りを持っておらず、実を潰すことなくクルミの殻を割る方法についてネットで調べていたら、
「殻が非常に堅いこと、破片が鋭利である点が某タイヤメーカーに評価されてスタッドレスタイヤの素材として用いられるようになった」
とあり、そのメーカーのサイトに飛んでしまう。タイヤとクルミにまつわる部分から読みながら、前後編で掲載されている「スタッドレス開発秘話」自体もおもしろく、殻の割り方には関わりがなさそうだけれど、そこで語られる「クルミの殻」について何点かメモしておきたくなった。

・精密機械や眼鏡の縁などの研磨剤としても使われている
・クルミの殻には、ひっかき効果があり、0.1ミリまで粉砕でき、安定した供給が見込め、粉塵公害を起こさない
・氷より硬く、アスファルトよりは柔らかい

ちなみにタイヤのゴムに投入されているクルミは「オニグルミ」だそうだ。
画像のはたぶん「ヒメグルミ」。
よく見かけるクルミより少し小さく、頭が尖っていて強く握ると痛い。






[PR]
by books_albatross | 2015-11-05 12:55 | あほう♀


先月末から大幅な店頭在庫入替を試みています。

それに伴って、商品以外も店内のいろいろな物や事の入替的な気運が高まってしまい、帳場内やバックヤード(なんて言うのも恥ずかしい。布1枚でしきったなんちゃって納戸)の混沌を整理していたら、使われていない延長コードや園芸用麻紐、針金、その他いろいろの入った箱からダクトレール用のスポットライトが出てきました。このスポットライトは信天翁オープンに向けた内装工事のコーディネートを格安で請け負ってくれたAさんが、電気系統が通ったダクトレールを試すのに持ってきてくれたもの、Aさんの私物でした。

「それ、あげるわよ。」と言って、くれたライト。

開店に際しては、その頃普及しだしたLEDの裸電球をレールに設置して現在に至っているのですが、改めて店内中央に向けてこのAさんのスポットライトをあててみました。少し上向きに灯すと、全体を柔らかく照らして、とくに夜間の視界がなんとなく明るいのです。来店くださるお客さまに、というよりも、ずっと店内にいるこの身にこの変化は大きいかもしれませんが。

来月は、今月なかなか着手できなかった入荷商品情報の入力更新をもっとしたいものです。



b0198254_18373030.jpg

[PR]
by books_albatross | 2015-09-28 21:19 | あほう♀


晴天続きの日暮里の空の下、連休中も休まず営業しています。

b0198254_16541424.jpg





*楽しみな予定*


荒野の水槽楽団
The Abandoned fish-Tank Orchestra 

このバンド名、日英どちらの表記にもしびれます。
「荒野の水槽楽団」の創設メンバーでの最後のステージは「荒野のリサイタル」!





9月23日(水祝)

荒野のリサイタル
出演:荒野の水槽楽団
Vo. G. 近藤十四郎 G.鈴木等 Key.浦島林平 Par.渡辺聡彦

@千駄木ペチコートレーン
18時半 OPEN 19時半 START
チャージ ¥1000+ 1st drink ¥1000


b0198254_15444303.jpg









さらに、

荒野の水槽楽団、サンダウンヴィレッジバンド、オーガスト!、Moshu 
出演の「終わり無き収穫祭」は来月7日巣鴨獅子王にて。

ポスターデザインはアーサさん!





10月7日(水)

終わり無き収穫祭
出演: Moshu *Opening Act* 
オーガスト! the sundown village band 荒野の水槽楽団

@巣鴨 獅子王
18時半 OPEN 19時 START
前売り ¥2000 当日 ¥2500 +1drink


b0198254_15450437.jpg



















[PR]
by books_albatross | 2015-09-22 15:46 | あほう♀

つまみ朝顔 何色か 


いま盛んに咲いている朝顔。
ピンクでもなく紫でもなく、グレーがかった暗さのある色味。
何色というのだろうかと和名の色見本のサイトをみてみる。

b0198254_01180799.jpg
b0198254_01174608.jpg
b0198254_01183023.jpg
そんなふうにみえる候補

臙脂鼠 
梅鼠 
紅鼠
鴇浅葱





[PR]
by books_albatross | 2015-09-08 01:20 | あほう♀

つまみ朝顔


7月の朝顔市で買ってきた「つまみ朝顔」。
8月の暑い盛りには元気がなく、花もまったくつかなかったのが、
この1週間ほどで次々と蕾をつけて咲いている。
蔓や葉にも勢いがあるので支柱を立てて這わせてみた。
b0198254_22181935.jpg
b0198254_22183671.jpg
b0198254_22185204.jpg
夕方に陽が差したような時間があって、いまだ!と勇んで花壇の草むしりをする。
土も草も湿っていたので軍手がぐじょぐじょになる。







[PR]
by books_albatross | 2015-09-01 22:19 | あほう♀



楽しみなイベントがふたつ。


サンダウンヴィレッジバンドの「テキーラナイトリブート」は今週末!
8月29日(土)@千駄木ペチコートレーン



SUNDOWN VILLAGE BAND (SDVB) OFFICIAL WEB SITE

サイトではライブ音源も聴けるわよ。
ロック、ファンク、JAZZ、ディスコ、アフロビート...SDVBは快楽の宇宙ね。

b0198254_17493667.jpg





もうひとつはしばらく先です。
が、まだまだと思ってるとあっというまかもしれない。




目白のブックギャラリーポポタムさん10周年記念ロックフェス
「POPOROCKFES」11月1日(日)@桜台pool



popofes.tumblr.com

ブックギャラリーポポタム

前売り予約はすでに開始しているようです。


b0198254_17440202.jpg

[PR]
by books_albatross | 2015-08-26 17:46 | あほう♀

霞ヶ関から日比谷公園


b0198254_03155574.jpg

先週末、8/14の金曜日、店を早終いしてわたしは♂とデモへ出かけた。
帰りは霞ヶ関から日比谷公園を抜けて歩く。

夜の官庁街はちょうどお盆だったせいもあるのか、人の気配がなく、暗がりが濃かった。
この一帯は、普段の自分の生活には馴染みが薄く、そもそも歩き慣れていない。
じつは夜はいつでもこうなのだろうか。

「ど真ん中は空っぽ。」

そんなことが頭に浮かびつつ、疲れた足を投げ出すように歩いていると、
連なるビル群から、微かに音楽が聞こえる。 
一見無人なこの光景にあってキャッチするとは思いもよらなかった、まさかの60年代アメリカンフォーキーな調べ。
しばらく行くと、それは通りに面したとある小さな守衛室から流れるラジオの音だとわかる。
夜勤しながら聞いているんだ。
窓から白色の灯りがこぼれるその四角い小部屋を通り過ぎながら、声に出さずに挨拶を送る。
守衛さん、ラジオ、グッジョブです。

日比谷公園はいつぶりだったろう。
繁茂した木々、整備された花壇、外灯、閉店後のガラス張りのレストラン、公衆トイレ、だれもいないテニスコート。
公園を抜けるとお濠端、風もなくしなだれた柳の枝の向こうに有楽町のネオンが煌々と光を放っていた。
蒸し暑い。日比谷駅から地下鉄に乗って店まで帰ることにした。


b0198254_03071592.jpg

わたしは安保法制の廃案を希望します。








[PR]
by books_albatross | 2015-08-21 15:25 | あほう♀

ハス


8月6日:早朝 

上野公園不忍池のハスがピークを迎えている。
早朝散歩の人、犬の散歩の人、ジョギングの人、体操してる人、アマチュア撮影の人 etc... 
早起きの人はこんなにもいるのだ。
夜型生活の目に公園の風景が眩しい。

朝まで仕事しちゃった人、朝まで飲んじゃった人、暑くて寝つけなかった人も、
いましばらくがハス見のチャンスですよ。





b0198254_15090632.jpg








b0198254_15082945.jpg








b0198254_15081996.jpg








b0198254_15084794.jpg














b0198254_15083997.jpg













[PR]
by books_albatross | 2015-08-07 15:33 | あほう♀