地下への挨拶(♂)

古書往来座代表がこれはどういう歌なんですか、と聞いていたのを思い出して探してみたら( 往来座地下のリトルドラマーボーイと養生テープはこちら )子どもの頃に観たアニメーションがあった。


あらすじ
ある年の暮れ、道端で瀕死の子羊を見つけた貧しいカッパのセッティは、おぉこれで年を越せそうだ、とその子羊を抱きかかえました。
ところが普段は胡瓜しか食べていないセッティ、子羊をどうやって食べたらいいのかがわかりません。
そこで町いちばんの料理人「ケバブの王」に調理の仕方を尋ねに行きました。
折しもその夜は下町を上げての何やらお祭りムード。
とはいえ腹を空かせて空気を読めないセッティは、人ごみをかき分け「ケバブの王」のところへ進み出るのでした。

「やあ、ケバブの王。この子羊を食べたいんだけど。」
「しーっ。おお、立派な子羊だね。」
「腹が減ってガマンできないんだ。どうやってしめたらいいんだい。」
「いや、もう死んでいるよ。それにすまない、私は解体が苦手なんだ。」
「苦手、て。あんた料理人だろ!」
「儲かる話なら応じよう。っと、そうだ。キングに尋ねてみたらどうだ。人類の王だ。彼なら君を救ってくれるに違いない。」
「あの赤ん坊が?バッ、バカ言ってんじゃないよ。」
「カッパの君が信じる必要はないさ。でも彼のところへ行ってごらん。」
「え、はい。あー、けど手土産がないじゃん。」
「行きなさい。お生まれになった王を拝んで来なさい。」

こうして今宵誕生したキングに謁見したカッパのセッティは、その清らかな赤子の尊さに打たれ、肌身離さず持っていた太鼓を思わず叩いて祝福し始めたのです。

ラパパンぼえー、
ラパパンぼえー、
ラパパンぼえーーー。

すると何ということでしょう。
死んでいた子羊が甦り、てめアタイを食べようとしやがったなコンニャロ、と飛びかかって来ました。
いきおい子羊を抱きとめたセッティは、なんて暖かいんだろう、生きていなければこの温もりはなかったのだな、と思うのでした。
まずは越冬に向けて暖をとるのが先決だ、と心を入れ替えたセッティは、子羊をマチルダと名付け、それはそれは大切に、春までかわいがったということです。


















この物語には後日談がある。
春になって身の危険を察知した羊のマチルダは、セッティの元から逃げ出した。
無事に逃げおおせてとある農場に身を寄せていたマチルダであったが、ある日、近くの沼へ水を飲みに降りたところを、そこで野宿していたザッキィ・トラバートに捕まってあっさり食べられてしまった。
ザッキィもまた、もともとマチルダと名付けていた毛布ひとつだけをもって、方々をあてどなく彷徨うひもじい男なのであった。



(それにしてもこの“Waltzing Matilda”のアニメーションは何度観てもひどい……)



あー。
もちろんこれらのお話はあほう♂のたわいのないおふざけである。申し訳ない。
と何処かからお叱りを受けたらお詫びするものである。
(♂)











[PR]
by books_albatross | 2014-12-20 02:47 | あほう♂

私の願い

せとさんかんべんしてください。
かんばらさんもう許してください。










後日譚(2014-1-24 03:39)
せとさんお心配りありがとうございます。
でも、exciteレポートによると、考えられない数の訪問者。
リンク元URL ouraiza.exblog.jp 。。。
泣きたいです。

泣きます。



[PR]
by books_albatross | 2014-01-23 03:59 | あほう♂

4th of July, Asbury Park (Sandy)

今日は定休日にかこつけて大好きな歌の訳詞を考えて過ごしました。
30年ほど前はこの辺の曲で英語の勉強をしていたのを思い出して楽しかったです。
あの頃とは違う解釈になってるのかな。わからないです。確かめようがないです。
3ばんのサビの手前で泣きそうになりました。
おしまい。




























4th of July, Asbury Park
(Sandy)

サンディ、リトルエデンに降り注ぐ花火ったらもう雨あられだよ。
独立記念日、立ち止まって見上げる酔っぱらい共の顔を照らし出してる。
街に目をやると飛び出しナイフみたいな恋人たちでサーキットはいっぱいだ。
連中、あっというまに出来上がり、光り輝いて、ぎらぎらした刺激に満ちている。
腕に覚えがあるのはボードウォーク沿いのピンボール屋で勝負に興じてる。
カジノから出て来たやつらがラテンのノリでシャツをはだけて踊る岸辺。
奴さんたち、ニューヨークから来る軽めのコを狙ってるんだ。

サンディ、オーロラのような花火が昇ってゆくよ。
桟橋の灯り、ぼくらのカーニバルライフは永遠に続くようだ。
今夜、一緒にいておくれ。
もう二度と会うことはないのかも知れないんだから。

ああ、あれは族の連中さ、一晩中街をうろついてるか浜辺で寝ようとしてパクられるくらいのもんだ。
とんがったブーツを履いた坊やたち。サンディ、あいつらの肌の白さときたら。
で、こちとらそんな連中とあてもなく埃っぽいアーケードをぶらついたり、
ピンボール台をガンガン叩いて過ごすのに飽き飽きしちまったってわけだ。
ボードウォークの下でジーンズを降ろす約束をした工場のコを追っかけることにもね。
サウスビーチの傾いてぐるぐる回る遊園地の乗り物、なんていうんだっけな。
昨日あれに乗ったらシャツが引っかかっちまってね。
ジョーイの奴おもしろがって停めずに回し続けるもんだから、一生降りられないんじゃないかと思ったよ。

サンディ、花火がまるでオーロラみたいだね。
桟橋の灯り、水面に映るぼくらのカーニバルライフ。
まったく、ボスの娘とボードウォークまで駆け下りて来るなんてイカレてやがる。
おっと、あの親父さんももうボスじゃあないんだったね。

サンディ、天使たちはぼくらへの望みを失っちまったようだ。
昨晩話しかけてみたんだけど、もうぼくらのために苦しむのは御免だって。
毎年この暑い季節となると天国かどっかからハーレーに跨がってクレイジーにやって来ては去ってく連中。
いっぱしに決め込んで海岸沿いの安酒場にたむろって、ココモの辺りでゲットしたコといちゃついてるの知ってるだろ。
あぁオマワリの奴らめ、とうとうマダム・マリーをしょっぴいて行きやがった。
現実よりいい未来に占ったからだっていうのさ。
ここでの生活もそろそろおしまいだ。
この景色を諦めなきゃいけないってことは君にもわかっているね。

サンディ、オーロラが昇ってゆくよ。
ぼくらのカーニバルはどこへ行ってもこの街灯りのようにずっと続いていくから。
今夜はどうか側にいておくれ。
そしてきっと永遠の愛を誓おう。
ああ、誓うよサンディ。






君はどうだい、サンディ。。
[PR]
by books_albatross | 2014-01-21 22:11 | あほう♂

b0198254_2120112.jpg


ある観光地に、ひどく貧しい古本屋夫婦が住んでいました。ゴールデンウィークの稼ぎ時であっても、深圳に麻婆を食べに行くことすらできない状況でした。そこで古本屋は、均一本を売りに路面に縁台を出して並べましたが、本はたいして売れませんでした。「今日の商売もこのへんかな。」と古本屋が腰をあげたとき、近くのベンチに座っていた地蔵が、路上に突然ゲロを噴き出しました。ドポドポドポという爽快な音が響き渡り観光客がみな逃げ惑う阿鼻叫喚のなか、古本屋は店にかけあがると、ゴミ袋とトイレットペーパー3本を持って戻り地蔵に渡しました。しかし、それでもゲロは片づかず、そこで古本屋は、今トイレで使っている最後の1本も差し出しました。そうして地蔵にゲロを片づけてもらうと、バケツに水を汲んできて流し、最後にはあたり一面にファブリースを噴いて、古本屋は店へ帰りました。古本屋からわけを聞いたK5号は、「それは良いことをした。」と言って、古本が売れなかったことを責めませんでした。
翌週、GWも明けたよく晴れた平日のある日、いつものように古本屋がお客のいない路面に均一本を並べていると、例のベンチに古い「近代映画」が2冊置いてありました。昭和40年発行の三田明特集号と昭和41年発行の西郷輝彦特集号。西郷輝彦特集号の裏表紙には、ジェームズ・ボンドの格好をした西郷輝彦がおり、「00 TERU」とタイトルがついていました。古本屋は、地蔵の後ろ姿を目撃したわけではありませんが、これは地蔵の恩返しに違いない、と気づきました。古本屋は、この地蔵からの贈り物で、きっと立派な古書店になろう、と思いました。



げろじぞう。おしまい。
(あほう♂)
[PR]
by books_albatross | 2013-05-12 21:46 | あほう♂

 恥ずかしいのを堪えて信天翁の紹介記事をもうひとつ。日本古書通信連載「21世紀古書店の肖像」です。こちらに掲載してよいものか考えましたが、一般的に流通していないしせっかく記事にしていただいたのでアップしました。何か問題があったらご指摘ください。

 こちらを書いてくださったのはネット専門の古本屋をなさっている“古書 モダン・クラシック”さん。形態は違えど同業者であり、また5月の東京蚤の市でお会いしていたこともあり、終始和やかなムードでの取材でした。そのためかどうか、写真を撮られることに不慣れな連中も、どことなくリラックスしているように感じられます。
 記事は、店の骨格をなす本棚の紹介と店の成り立ちについて。後者はデリケートな部分も含みうまく説明できた自信はなかったのですが、きれいにまとめてくださいました。ありがたいです。
 ともあれ、取材というより世間話、特にこの業界のこと、古本屋経営の様々な方法について、いろんな話を聞かせてもらい有意義な時間を過ごせたのでした。
b0198254_19371145.jpg





 前回のブログで「井上さんのお話でひとつ興味深いことがありました。それは取材を重ねる中で、古本屋の店主というものには、よく喋る方と寡黙な方と、両極端に分かれる傾向があるという話です。」ということを書きましたが、なんだかその話をなさったのはモダン・クラシックさんだったような気がたった今みるみるしてきました。が、どちらだったのかがはっきり思い出せません。12月はこの2件に加え11月に取材を受けた講談社の月刊誌「HUGE」とのやりとりもあり、ただでさえ慣れない上でのことなので、どこでどなたからうかがったお話なのかわからなくなってしまいました。
 大変失礼をしています。ごめんなさい。



※ 「HUGE」での記事については現在発売中ということもあり、こちらに掲載することはありません。どうぞお近くの町の書店でお買い求めください。こちらのスタッフは、原稿と店舗情報のチェックを細かく念入りに入稿直前まで何度も確認していただき、実に丁寧に、真剣に作っていることが伝わってきました。このことは、せひ知っておいていただきたいことです。ありがとうございました。

 (♂)
[PR]
by books_albatross | 2013-01-09 19:45 | あほう♂

 去る12月28日付の日刊ゲンダイ「本屋はワンダーランドだ!」(毎週金曜日紙面に連載中)にて、信天翁を紹介してもらいました。執筆はライターの井上理津子さん。話題の夏葉社新刊『冬の本』に、「厳寒の地での不条理な関係に引き込まれる」という一文を寄せている方でもあります。
 先日取材を受けた際には、なんて心のこもった仕事をなさる方だろうという印象を受けました。こちらの話を会話の流れから上手に引き出すし、何より印象深かったのは、本棚の背表紙を隅から隅まで熱心にご覧になる姿でした。掲載用写真の撮影も終えてカメラマンさんが帰った後もひとり残って、頻繁に素早くメモを採りながら、取材時間の半分くらいは棚を見ることに費やしていたのかも知れません。これまでの経験からは、初めてと思えるほどの時間のかけ方でした。
 数少ない経験ではありますが、一般的にこうした取材は、店主の話を聞いて店内の写真を撮って店のおすすめを聞いて、という感じなんだと思います。そして、店の案内記事というものは、本来それらをまとめることで充分だと考えます。しかしながら今回の場合は、いつもと違う緊張感を覚えるのでした。
 理由としては、ひとつに掲載されるまでこちらが原稿に目を通す機会がないという申出を了承したことがあります。これは日刊紙という媒体である以上仕方のないことと思い承諾しました。とはいえ、やはり気になります。もうひとつに、あれだけ長い時間をかけてじっくりと本棚を覘いていかれたわけです。このことこそがそもそもの緊張の根底にあることを、はっきりと認識しています。
 はたして、うちの本棚は、何かしらを物語ることができたのでしょうか。
b0198254_22451975.jpg
※ 写真に写った連中がずいぶんと着ぶくれしていますが、そんなに寒い店なのか、ということではなく、特に左の男はこの日「わめぞ」の忘年会でしこたま紹興酒を飲んで楽しんだ翌日で、宿酔いから来る悪寒で一日中がたがた震えている有様なのでした。酒臭いし。





 井上さんのお話でひとつ興味深いことがありました。それは取材を重ねる中で、古本屋の店主というものには、よく喋る方と寡黙な方と、両極端に分かれる傾向があるという話です。うちがどちらに分類されるのかは定かではありませんが、彼女の仕事を垣間みるにつけ、古本屋というものは、その嗜好や傾向や背景は、いずれにせよ棚がすでに語り尽くしているのだ、ということにあらためて気づかされるものでした。今後も棚づくりに精進を、とこちらが刺激を受ける取材でもありました。


 さて、この井上理津子さん連載の「本屋はワンダーランドだ!」が、このほど一冊にまとめられて宝島社より出版される運びとなったそうです。文庫本としてタイトルも変わって出るようなのですが、詳細がわかり次第またご案内できればと思います。発売日が2月6日、これだけは記憶しています。本当に楽しみなことです。

 (♂)
[PR]
by books_albatross | 2013-01-07 20:59 | あほう♂

著者想像図

甥っ子ご兄弟(小1と年少組)を預かることとなり、下で店の呼び込みなどをやらせておりました。
先日の古書ほうろうの「はじめてのみせばん」でおもしろかった著者想像図(ⓒ武藤良子&ナンダロウアヤシゲ)を思いだし、お兄ちゃん(6歳)に頼んで描いてもらいました。
これで信天翁も商売繁盛といけるかな。



啄木全集 全8巻揃
筑摩書房 1973〜重刷 函 月報揃
¥4200

b0198254_19473657.jpg





失われた時を求めて 全10巻揃
ちくま文庫 1992〜1993 1刷
¥8400

b0198254_1948396.jpg





映画プログラム「レポマン」アレックス・コックス '84 アメリカ
ユーロスペース 1987年
¥1050

b0198254_19485047.jpg





定本野口雨情 全8巻揃
未来社 1985〜1987 月報①欠

b0198254_1950989.jpg





宮沢賢治全集 全8巻セット
ちくま文庫 1992〜1994 ヨレあり
¥4200

b0198254_19504865.jpg





定本 虚子全集
全11巻+別巻のうち、第5巻、別巻、欠の10冊
創元社 昭和23〜24年

b0198254_19513699.jpg



また「ふざけるな」と
お叱りを受けるだけかな。
(あほう♂)
[PR]
by books_albatross | 2011-07-31 21:00 | あほう♂

少し前のお話になりますが、7月16日(土)、月島はOPEN SPACE あいおい文庫のイベント『親子の絆は絵本から』へ行ってまいりました。
以前にあいおい文庫砂金一平さんのブログ
日々の考え…あいおい文庫の場合。
を拝見しこの展示はぜひ見たいと思ったからなのですが、
幼稚園のときに高機能自閉症と診断されて以来、療育のために8年間毎日欠かさず続けてきたという、長嶋柊くんの絵日記が展示されていたのでした。
そこで実際に目にしてみると、その自由な色使いの鮮やかさと既成のものに囚われない表現力にとてもとても魅せられたのでした。
たとえば春の絵に複葉機を入れてみましたところ、それが春らしさにますます彩りを加える効果になっていたりして、もう唸りながら眺めておりました。
きょうのTALKEN2011/1/31より)
「高機能自閉症」なぞと聞きますると、普段の生活やコミュニケーションにおいて本人はさぞかし不自由な思いをしていることでしょう、などと安易に短絡的に想像しがちなところなのですが、この展示を見る限りにおいては、誤解を招くことを恐れずに申しますれば、彼の「高機能自閉症」という才能に、惹かれ、感嘆し、むしろ羨むこと多大なのでありました。
あいおい文庫の砂金一平さんも、「障害っていうのは『個性が豊かである』ってことなんだな」といみじくも仰っておりましたが、斯くもピュアーな個性を目の前にしますと、わたくしのような薄汚れた人間でも浄化されるような心地よい心持ちとなれるのでうれしいのでございます。
あいおい文庫では新井薫さんの『家郷のガラス絵』(長谷川摂子著/未來社)挿絵原画とともに7月31日まで展示されているとのことなので(@aioi_bunko)、見知らぬ方も一度ご覧になってみてはいかがかしら、と思うものでございます。


長嶋柊くんの絵日記はこちらで見ることができます。
TALKEN(とーくん)日記〜高機能自閉症児の絵日記による療育記録〜

こちらは長嶋柊くんの創作絵本です。わたくしの好きな「山形システムねーちゃん」はあいおい文庫でも展示してありました。
『しんくやくしょモノレール』え・ぶん 長嶋柊
ところで「ねーちゃん」とわたくしなどが口にしますと酒臭いオヤジの発する響きしかこだましませんが、
柊くんの使う「ちゃん」は文字通り女の子への親しみを込めた純粋な気持ちへと変換されるのがおもしろいのであります。



会場で絵はがきも購入できました。
♀が額に入れて飾りました。
b0198254_182639100.jpg

b0198254_18272455.jpg
すてきでしょう。
(あほう♂)
[PR]
by books_albatross | 2011-07-28 14:19 | あほう♂

あほう♂

先日、稲垣書店の中山信如さんからお便りをいただいた。
「彷書月刊」最終号の岡崎武志さんの記事をわざわざコピーして同封してくださり曰く、
ウチでは百円たった三冊なのに信天翁では二冊二千円とはズルい、
と。中山さんらしい冗句にくすりとさせられる。
しかし、中山さんのようなこの世界の雲の上の方に勿体なくも目を掛けていただき、ましてやこの業界、愛好家の方々すべてから惜しまれつつも幕を閉じざるを得なかった最終号の記事に屋号まで出していただいていたとは、分不相応と畏れ多い気持ちばかりなのである。
はたしてこの店は、偉大なる先達諸兄の期待や激励に相応しい古本屋となれるのだろうか。
精進するしかないことはわかっているのだが。
そういえば秋も一箱の日、往来堂書店で岡崎さんとお会いしたときにこの「均一小僧」のお礼を言うのをうっかり忘れてそのままになっている。
情けないのはわかっているが、まったくもってぞんざいな生来だ。せめて最低限の礼儀くらいはわきまえたいものである。

昨日は雑司が谷鬼子母神の御会式(おえしき)に出向かせていただいた。
店番をアーサとその仲間たちに頼み、わめぞの方々のツイッター上の呼びかけにのこのこと出かけていったのである。
祭はそれは素晴らしいものだった。
昨年、南陀楼綾繁氏がトランス状態となり死んで身体が動かなくなるまでと思わせるほどに太鼓を叩き続けた、という伝説や、初音湯の風呂友翁の魂のこもった讃辞とススメ、などから、一度はこの目で見てみたいと思っていた。
それは噂にたがわぬものであった。
幻想的な万灯の灯りに導かれ団扇太鼓を叩きながら練り歩く老若男女、時には障害のある方も見える。誰も彼もが皆いい顔をしている。本当に楽しそうだ。
b0198254_20241083.jpg

脇で見ている観衆も、時折太鼓を手にしている人がいる。こちらも熱は低いかもしれないがやはり楽しそうだ。
そしてわめぞ会場。都電鬼子母神停留所から歩いてきたわけだがそれまでの沿道とは熱が違う。ここではほぼ全員が太鼓を持っている。何よりあくまでも陽気で、間口が広い。新参者のぼくらにもすぐに酒が渡され太鼓も廻ってきた。
なんて楽しいんだろう。

徐々に高揚していくのが意識できる。日本にはまだまだ見知らぬビートがあるものだ。そんな感想もほどなく酒も手伝い意識は無へと帰してゆく。中には太鼓を地に置き這いつくばり大地を打ち鳴らすかのごとくビートを刻む者まで現れる。この祭は、たしかにすごい。


そうしてしでかしてしまった。
最後の講が通り過ぎ祭も終わり、飲み会となった席で、通常の酒量からするとそれほど酔っぱらう量でもない、祭の高揚はあるが緊張の副作用もあったに違いない、たしかに酔っていた。どこでどうしてそんなことになったのかはっきりと思い出せないのだ。
だが私はいつしか往来座の店長に勝負を挑み、負けた。
彼は、鼻であしらうかのごとく、そして容赦なく、完膚なきまでに、この世間知らずの小僧を退けた。
そもそも瀬戸さんに挑むことなど10年、いや100年早いことだといまさら思う。いくら酒の席だったとはいえ、恥ずかしい、何よりおこがましい。


それでもいまにしてやはりこう思うのだ。彼は、この世界の厳しさを、このぽっと出の青二才に教えてくれたのだ、と。この業界はそんなに生易しいものではない。好意的な人々の優しさに甘えてばかりいないで己をもっと磨け、と。
そんな風に感じられてならない。

ここ数日去来するものに対する明確な<こたえ>が、祭のあとの秋風に舞っている、
気がする夜なのである。





瀬戸さん、そして応援してくださるたくさんの方々、
ありがとうございます

b0198254_2159549.jpg

b0198254_2214621.jpg




そしてワインの瓶を割るという粗相までしでかしてしまい、本当に申し訳ありませんでした。
[PR]
by books_albatross | 2010-10-19 22:16 | あほう♂

古書信天翁賞発表

あほう♂

去る10月9日、今年も「秋も一箱古本市2010」が行われました。
6月に信天翁をオープンさせてから初めての一箱とあり大変緊張いたしました。
と申しますのも、古書信天翁賞の選出を青秋部からお願いされたのであります。
そもそも素面で知らない人と話すのもましてや人前に立つことなどもってのほかとする類いなので、この件について考えると眠れない日々が続きました。
というのは誇張です。
無理ならやらなくてもいいですよ、と言われてましたし、今回の一箱は打ち上げイベントがそのまま飲み会だったのでなんとかなると思ったものです。
とはいえ、やはり当日すべてを短時間に要領よく見て回るというのは大変でしたか。
初めてのことだったのでわかっていませんでしたが、要領は必要のようです。
さて、意味のない導入を続けるのもなんですので、そんなこんなで栄えある第1回古書信天翁賞に輝いた箱はと申しますと、じゃらららららららん、宗善寺にて出品されました、
とり、本屋さんをする
さんに決定いたしました。
授賞理由はと申しますと、発表の席では他の候補が先に往来堂賞に選ばれたから、とつまらない前置きをしてしまいましたが、本当は最初からこの箱に決めておりました。
いつも意味のないつまらないことを言ってしまい後悔します。
こちらの箱は、本を見ながらふと気づいたのですが、木の箱のサイズがちょうどいいんですね、一箱に。れれ。ちゃんと見ると斜めに面出しになった文庫の台といい蓋の内側がコルク材(?)になっていて緩衝材となっていることといい、これはもしやと思い聞いてみますと、やはり、手作りとのことでした。
ブラーヴォ!!
素晴らしいです。
見た目、機能性(面出しの台は新書サイズで取り外しができるとのこと)、言う事なしです。
なんといっても今年の春に提唱されたテーマ、これを私は一箱の原点への回帰、と捉えており、一冊でも多く並べられるようにという工夫の結果である巨大化やタワー化に走るのではなく、「一箱の宇宙」で本と遊ぼう!、というコンセプトにきちんと則っていることに感銘を受けました。
このせちがらい時代に欲をかくことなくこんなコンパクトな箱を、それこそ大好きな読書の時間も削って制作していたのだと想像すると涙が出て来てしまい、その後の箱は目が潤んでろくに見られる状態ではありませんでした。
もちろん誇張です。
でも、堂々の受賞です。

ではご覧いただきましょう、
とり、本屋さんをする




b0198254_1446582.jpg




この箱がタイトルなしに終わったらそれは一箱古本市の終わりといえるでしょう。
決して とり 繋がりで決めたわけではありません。

あと、ちなみに信天翁賞賞品は
深圳のお食事券
でした。信天翁の入居するコニシビルの1Fにある地元有名店、楽しんでいただければ幸いです。
また、ついでに信天翁にも寄っていただければ、コーヒーでも淹れましょう。
では、たいした名誉にはなりませんが、
おめでとうございます。











以下に載せるのは、候補には挙がったけれど惜しくも選出にはいたらなかった箱たちです。
中島みゆきの「ヘッドライト・テールライト」等をBGMにご覧ください。








b0198254_14503715.jpgb0198254_14564943.jpgb0198254_1515575.jpgb0198254_1531836.jpg

b0198254_1542986.jpgb0198254_159383.jpgb0198254_15102924.jpg

b0198254_15115229.jpgb0198254_15132293.jpgb0198254_15143078.jpg

b0198254_15174243.jpgb0198254_15195327.jpgb0198254_15221654.jpg

b0198254_1663946.jpgb0198254_1672918.jpgb0198254_1612446.jpgb0198254_1693882.jpg

b0198254_16133638.jpgb0198254_16183514.jpgb0198254_1620992.jpg

b0198254_16234857.jpgb0198254_16271520.jpgb0198254_1629762.jpgb0198254_16303292.jpgb0198254_16331588.jpgb0198254_1635124.jpgb0198254_1637831.jpgb0198254_16381469.jpgb0198254_16442313.jpgb0198254_16462643.jpgb0198254_16482366.jpg

b0198254_1650119.jpgb0198254_16525823.jpgb0198254_1655505.jpg

b0198254_1701861.jpgb0198254_1713762.jpgb0198254_1725610.jpgb0198254_173531.jpg

b0198254_176042.jpgb0198254_1763956.jpg

b0198254_1783680.jpgb0198254_1792790.jpgb0198254_1713795.jpgb0198254_17151783.jpg

b0198254_17161888.jpgb0198254_1720124.jpgb0198254_17211122.jpgb0198254_17253763.jpg

b0198254_17275753.jpgb0198254_17331447.jpgb0198254_17341865.jpg
[PR]
by books_albatross | 2010-10-12 23:24 | あほう♂