あほう♂

先日、稲垣書店の中山信如さんからお便りをいただいた。
「彷書月刊」最終号の岡崎武志さんの記事をわざわざコピーして同封してくださり曰く、
ウチでは百円たった三冊なのに信天翁では二冊二千円とはズルい、
と。中山さんらしい冗句にくすりとさせられる。
しかし、中山さんのようなこの世界の雲の上の方に勿体なくも目を掛けていただき、ましてやこの業界、愛好家の方々すべてから惜しまれつつも幕を閉じざるを得なかった最終号の記事に屋号まで出していただいていたとは、分不相応と畏れ多い気持ちばかりなのである。
はたしてこの店は、偉大なる先達諸兄の期待や激励に相応しい古本屋となれるのだろうか。
精進するしかないことはわかっているのだが。
そういえば秋も一箱の日、往来堂書店で岡崎さんとお会いしたときにこの「均一小僧」のお礼を言うのをうっかり忘れてそのままになっている。
情けないのはわかっているが、まったくもってぞんざいな生来だ。せめて最低限の礼儀くらいはわきまえたいものである。

昨日は雑司が谷鬼子母神の御会式(おえしき)に出向かせていただいた。
店番をアーサとその仲間たちに頼み、わめぞの方々のツイッター上の呼びかけにのこのこと出かけていったのである。
祭はそれは素晴らしいものだった。
昨年、南陀楼綾繁氏がトランス状態となり死んで身体が動かなくなるまでと思わせるほどに太鼓を叩き続けた、という伝説や、初音湯の風呂友翁の魂のこもった讃辞とススメ、などから、一度はこの目で見てみたいと思っていた。
それは噂にたがわぬものであった。
幻想的な万灯の灯りに導かれ団扇太鼓を叩きながら練り歩く老若男女、時には障害のある方も見える。誰も彼もが皆いい顔をしている。本当に楽しそうだ。
b0198254_20241083.jpg

脇で見ている観衆も、時折太鼓を手にしている人がいる。こちらも熱は低いかもしれないがやはり楽しそうだ。
そしてわめぞ会場。都電鬼子母神停留所から歩いてきたわけだがそれまでの沿道とは熱が違う。ここではほぼ全員が太鼓を持っている。何よりあくまでも陽気で、間口が広い。新参者のぼくらにもすぐに酒が渡され太鼓も廻ってきた。
なんて楽しいんだろう。

徐々に高揚していくのが意識できる。日本にはまだまだ見知らぬビートがあるものだ。そんな感想もほどなく酒も手伝い意識は無へと帰してゆく。中には太鼓を地に置き這いつくばり大地を打ち鳴らすかのごとくビートを刻む者まで現れる。この祭は、たしかにすごい。


そうしてしでかしてしまった。
最後の講が通り過ぎ祭も終わり、飲み会となった席で、通常の酒量からするとそれほど酔っぱらう量でもない、祭の高揚はあるが緊張の副作用もあったに違いない、たしかに酔っていた。どこでどうしてそんなことになったのかはっきりと思い出せないのだ。
だが私はいつしか往来座の店長に勝負を挑み、負けた。
彼は、鼻であしらうかのごとく、そして容赦なく、完膚なきまでに、この世間知らずの小僧を退けた。
そもそも瀬戸さんに挑むことなど10年、いや100年早いことだといまさら思う。いくら酒の席だったとはいえ、恥ずかしい、何よりおこがましい。


それでもいまにしてやはりこう思うのだ。彼は、この世界の厳しさを、このぽっと出の青二才に教えてくれたのだ、と。この業界はそんなに生易しいものではない。好意的な人々の優しさに甘えてばかりいないで己をもっと磨け、と。
そんな風に感じられてならない。

ここ数日去来するものに対する明確な<こたえ>が、祭のあとの秋風に舞っている、
気がする夜なのである。





瀬戸さん、そして応援してくださるたくさんの方々、
ありがとうございます

b0198254_2159549.jpg

b0198254_2214621.jpg




そしてワインの瓶を割るという粗相までしでかしてしまい、本当に申し訳ありませんでした。
[PR]
by books_albatross | 2010-10-19 22:16 | あほう♂

古書信天翁賞発表

あほう♂

去る10月9日、今年も「秋も一箱古本市2010」が行われました。
6月に信天翁をオープンさせてから初めての一箱とあり大変緊張いたしました。
と申しますのも、古書信天翁賞の選出を青秋部からお願いされたのであります。
そもそも素面で知らない人と話すのもましてや人前に立つことなどもってのほかとする類いなので、この件について考えると眠れない日々が続きました。
というのは誇張です。
無理ならやらなくてもいいですよ、と言われてましたし、今回の一箱は打ち上げイベントがそのまま飲み会だったのでなんとかなると思ったものです。
とはいえ、やはり当日すべてを短時間に要領よく見て回るというのは大変でしたか。
初めてのことだったのでわかっていませんでしたが、要領は必要のようです。
さて、意味のない導入を続けるのもなんですので、そんなこんなで栄えある第1回古書信天翁賞に輝いた箱はと申しますと、じゃらららららららん、宗善寺にて出品されました、
とり、本屋さんをする
さんに決定いたしました。
授賞理由はと申しますと、発表の席では他の候補が先に往来堂賞に選ばれたから、とつまらない前置きをしてしまいましたが、本当は最初からこの箱に決めておりました。
いつも意味のないつまらないことを言ってしまい後悔します。
こちらの箱は、本を見ながらふと気づいたのですが、木の箱のサイズがちょうどいいんですね、一箱に。れれ。ちゃんと見ると斜めに面出しになった文庫の台といい蓋の内側がコルク材(?)になっていて緩衝材となっていることといい、これはもしやと思い聞いてみますと、やはり、手作りとのことでした。
ブラーヴォ!!
素晴らしいです。
見た目、機能性(面出しの台は新書サイズで取り外しができるとのこと)、言う事なしです。
なんといっても今年の春に提唱されたテーマ、これを私は一箱の原点への回帰、と捉えており、一冊でも多く並べられるようにという工夫の結果である巨大化やタワー化に走るのではなく、「一箱の宇宙」で本と遊ぼう!、というコンセプトにきちんと則っていることに感銘を受けました。
このせちがらい時代に欲をかくことなくこんなコンパクトな箱を、それこそ大好きな読書の時間も削って制作していたのだと想像すると涙が出て来てしまい、その後の箱は目が潤んでろくに見られる状態ではありませんでした。
もちろん誇張です。
でも、堂々の受賞です。

ではご覧いただきましょう、
とり、本屋さんをする




b0198254_1446582.jpg




この箱がタイトルなしに終わったらそれは一箱古本市の終わりといえるでしょう。
決して とり 繋がりで決めたわけではありません。

あと、ちなみに信天翁賞賞品は
深圳のお食事券
でした。信天翁の入居するコニシビルの1Fにある地元有名店、楽しんでいただければ幸いです。
また、ついでに信天翁にも寄っていただければ、コーヒーでも淹れましょう。
では、たいした名誉にはなりませんが、
おめでとうございます。











以下に載せるのは、候補には挙がったけれど惜しくも選出にはいたらなかった箱たちです。
中島みゆきの「ヘッドライト・テールライト」等をBGMにご覧ください。








b0198254_14503715.jpgb0198254_14564943.jpgb0198254_1515575.jpgb0198254_1531836.jpg

b0198254_1542986.jpgb0198254_159383.jpgb0198254_15102924.jpg

b0198254_15115229.jpgb0198254_15132293.jpgb0198254_15143078.jpg

b0198254_15174243.jpgb0198254_15195327.jpgb0198254_15221654.jpg

b0198254_1663946.jpgb0198254_1672918.jpgb0198254_1612446.jpgb0198254_1693882.jpg

b0198254_16133638.jpgb0198254_16183514.jpgb0198254_1620992.jpg

b0198254_16234857.jpgb0198254_16271520.jpgb0198254_1629762.jpgb0198254_16303292.jpgb0198254_16331588.jpgb0198254_1635124.jpgb0198254_1637831.jpgb0198254_16381469.jpgb0198254_16442313.jpgb0198254_16462643.jpgb0198254_16482366.jpg

b0198254_1650119.jpgb0198254_16525823.jpgb0198254_1655505.jpg

b0198254_1701861.jpgb0198254_1713762.jpgb0198254_1725610.jpgb0198254_173531.jpg

b0198254_176042.jpgb0198254_1763956.jpg

b0198254_1783680.jpgb0198254_1792790.jpgb0198254_1713795.jpgb0198254_17151783.jpg

b0198254_17161888.jpgb0198254_1720124.jpgb0198254_17211122.jpgb0198254_17253763.jpg

b0198254_17275753.jpgb0198254_17331447.jpgb0198254_17341865.jpg
[PR]
by books_albatross | 2010-10-12 23:24 | あほう♂

あほう♂

一昨日ウルワシ堂で髪を切った。
この夏アトピーが頭に浸食したため既に人生最短の髪型にしてはいたのだが、
徐々に伸びて更に髪のくせのため爆発後のかつらみたいになっていたのが気になっていたのと、
頭の側面が悪化しており就寝中に掻きむしってしまうようで患部が禿げてしまうのではと思うに至ったので、
もっと短くしなくては、と出した結論がモヒカン頭であった。
b0198254_20233913.jpg

人生最短更新。
これが非常にすっきりして気持ちがよく、
このことをTwitterでつぶやいたら案外反響があったのが面白かったのでブログにまでこのネタを持ち出してみたのだ。
ただ、妹が「モヒカンなんて、お客さんが引いちゃうんじゃない?」と心配をするのはもっともで、
でも大丈夫。
♀はソフトモヒカンと名付けたし、
ギターを持たせたらこんな感じだ。









b0198254_20244390.jpg

昨日は遠方よりわざわざこのモヒカンを見に来たという女子もいた。
彼女の眼にもこんな信天翁♂の姿が映っていたに違いない。
モヒカンという一瞬ぎょっとする表現に反して、はてさて実は爽やかなあほう♂なのである。















なんか文句ある?











b0198254_20282564.jpg

詩画集 チッチとサリー みつはしちかこ 立風書房
             1970年 第1刷 ビニールカバー ¥525

[PR]
by books_albatross | 2010-10-02 21:10 | あほう♂

あほう♂

近所に天才お絵描きさんが住んでいる。
ときどきふらりと信天翁に息抜きにいらっしゃる。
初めて訪れたときにも壁に貼ってある信天翁記憶スケッチを見てみずからペンをとったものだった。
b0198254_21344851.jpg
様々な人々に描いてもらった信天翁





そんな彼女がいま夢中なのが『地獄の辞典』。
学生にはちょっと手が出せない値段の書物ゆえ、
棚から取り出しては慈しむように見入っている。
b0198254_20442774.jpg


そんなの見てたら夜トイレに行きたくなくなるんじゃない?
と尋ねてもどこ吹く風だ。
平気だよ、
と涼しい顔して
地獄ってどういうところ?
と逆に訊いてくる。
その様子はまるでディズニーランドを夢想する小学生のようだと思う。
b0198254_2041373.jpg






先日、彼女が大作を持って現れた。
店に飾ってもいいというのでさっそく貼らせていただいた。
ちょうど均一の籠があったので追加で300円と書いてもらって。

b0198254_20422330.jpg

大きいね。ちゃんとあほうどりを描いてくれたんだね。
嬉しいなぁ!

とこちらは心底うれしくてそう言うのだ。

すると彼女、










あひるだよ。










・地獄の辞典 コラン・ド・プランシー 床鍋剛彦 訳 吉田八岑 協力
                 講談社 1990年 第1刷 帯  売切

[PR]
by books_albatross | 2010-09-28 23:04 | あほう♂

200円均一棚

あほう♂

200円の均一棚を拡充。
昨日♀が掘り残した海外小説を中心に、戦後の演劇論、新書の追加、など。
のべ3棚、1000冊を超えたのを記念して、大人買いの方への特典を御用意。
200円均一棚、
5冊お買い上げ毎に1冊サービス!!

(つまり、5冊で800円、10冊で1600円、15冊で2400円、、)

期間は♂が飽きるまで、あるいは出玉が尽きるまで。
b0198254_136210.jpg

『チャップリン 人と作品』ジョルジュ・サドゥール 白水社 ¥200
 など、人によっては垂涎もの多数!(取り置き等はどうぞご勘弁を)
[PR]
by books_albatross | 2010-09-19 01:50 | あほう♂

宇ち多" 2

あほう♂。
一昨々日の昼食。
つづき。

b0198254_2123185.jpg

カシラ。ミソ。
カシラの串焼きにもつ煮のみそダレがかかっている。
白飯がほしくなる。
ここで焼酎ふたつめ飲了。

b0198254_21393671.jpg

シロ。たれ。よく焼き。
「よく焼き」で注文するとよく焼いてもらえる。
ウェルダン。
この焼き加減ならもつ焼き苦手な♀でも食べられそうだ。
ここで焼酎みっつめ突入。

b0198254_215314100.jpg表は猛暑日。
2010年東京最後の真夏。
でも店内はさほど暑さを感じない。
暖簾と軒下の間から向かいの魚屋の2階を見上げるとアーケードの商店街は不思議と涼しげ。
というよりすでに酩酊に入ル。

b0198254_2231376.jpg

レバ。うす塩。わか焼き。
「わか焼き」は軽めに焼いてもらえる。
レア。
レバについては生があるそうだが、連れてってくれた知人のおススメ通りこのわか焼きもグー。


以上。プラス、レバをもう1っちょ、たれ、よく焼きで、しめ。と相成りました。
(最後はそのおいしさと酔いの回りで写真を撮ってなかったことにいま気づく)

今回、もつ焼きはすべて2本盛りだったので連れの知人と1本ずつ分け合い、煮込みとお新香も半分こ。焼酎は連れが5杯でミーが3杯。単価がすべて170円だそうで、2人で合計3060円でした。なんてバリュー。あーびっくりした。てしてしてしてし。
b0198254_22423331.jpg

                      ごちそうさまでした。
[PR]
by books_albatross | 2010-09-10 22:55 | あほう♂

宇ち多"

あほう♂。
一昨日の昼食。

b0198254_21484289.jpg
午後1時10分到着。
しばし並んで午後1時45分入店。
(一巡目)

b0198254_21343829.jpg

テッポウとコブクロのナマ。
あるいは新規。
(要はお通しですな)
b0198254_21595249.jpg

飲み物はウメ割で。なみなみと注がれた焼酎にウメシロップ。とにかくきく。
が、モツによくあう。

b0198254_22132478.jpg
煮込み、ホネ入り。
豚の顎の部分が入っている。
数が少なく、一巡目で入れないとありつけないそうだ。
連れてってくれた知人はこれが目当てで、ぼくらは炎天下を行列した。


b0198254_22245247.jpg
ツル塩。
個人的にはこれがいちばんうまかった。
おちんちん。
らしいが。

付け合せに注文したお新香がまたいい。



つづく...
[PR]
by books_albatross | 2010-09-09 22:36 | あほう♂