あほう♂

一昨日ウルワシ堂で髪を切った。
この夏アトピーが頭に浸食したため既に人生最短の髪型にしてはいたのだが、
徐々に伸びて更に髪のくせのため爆発後のかつらみたいになっていたのが気になっていたのと、
頭の側面が悪化しており就寝中に掻きむしってしまうようで患部が禿げてしまうのではと思うに至ったので、
もっと短くしなくては、と出した結論がモヒカン頭であった。
b0198254_20233913.jpg

人生最短更新。
これが非常にすっきりして気持ちがよく、
このことをTwitterでつぶやいたら案外反響があったのが面白かったのでブログにまでこのネタを持ち出してみたのだ。
ただ、妹が「モヒカンなんて、お客さんが引いちゃうんじゃない?」と心配をするのはもっともで、
でも大丈夫。
♀はソフトモヒカンと名付けたし、
ギターを持たせたらこんな感じだ。









b0198254_20244390.jpg

昨日は遠方よりわざわざこのモヒカンを見に来たという女子もいた。
彼女の眼にもこんな信天翁♂の姿が映っていたに違いない。
モヒカンという一瞬ぎょっとする表現に反して、はてさて実は爽やかなあほう♂なのである。















なんか文句ある?











b0198254_20282564.jpg

詩画集 チッチとサリー みつはしちかこ 立風書房
             1970年 第1刷 ビニールカバー ¥525

[PR]
by books_albatross | 2010-10-02 21:10 | あほう♂

あほう♂

近所に天才お絵描きさんが住んでいる。
ときどきふらりと信天翁に息抜きにいらっしゃる。
初めて訪れたときにも壁に貼ってある信天翁記憶スケッチを見てみずからペンをとったものだった。
b0198254_21344851.jpg
様々な人々に描いてもらった信天翁





そんな彼女がいま夢中なのが『地獄の辞典』。
学生にはちょっと手が出せない値段の書物ゆえ、
棚から取り出しては慈しむように見入っている。
b0198254_20442774.jpg


そんなの見てたら夜トイレに行きたくなくなるんじゃない?
と尋ねてもどこ吹く風だ。
平気だよ、
と涼しい顔して
地獄ってどういうところ?
と逆に訊いてくる。
その様子はまるでディズニーランドを夢想する小学生のようだと思う。
b0198254_2041373.jpg






先日、彼女が大作を持って現れた。
店に飾ってもいいというのでさっそく貼らせていただいた。
ちょうど均一の籠があったので追加で300円と書いてもらって。

b0198254_20422330.jpg

大きいね。ちゃんとあほうどりを描いてくれたんだね。
嬉しいなぁ!

とこちらは心底うれしくてそう言うのだ。

すると彼女、










あひるだよ。










・地獄の辞典 コラン・ド・プランシー 床鍋剛彦 訳 吉田八岑 協力
                 講談社 1990年 第1刷 帯  売切

[PR]
by books_albatross | 2010-09-28 23:04 | あほう♂

200円均一棚

あほう♂

200円の均一棚を拡充。
昨日♀が掘り残した海外小説を中心に、戦後の演劇論、新書の追加、など。
のべ3棚、1000冊を超えたのを記念して、大人買いの方への特典を御用意。
200円均一棚、
5冊お買い上げ毎に1冊サービス!!

(つまり、5冊で800円、10冊で1600円、15冊で2400円、、)

期間は♂が飽きるまで、あるいは出玉が尽きるまで。
b0198254_136210.jpg

『チャップリン 人と作品』ジョルジュ・サドゥール 白水社 ¥200
 など、人によっては垂涎もの多数!(取り置き等はどうぞご勘弁を)
[PR]
by books_albatross | 2010-09-19 01:50 | あほう♂

宇ち多" 2

あほう♂。
一昨々日の昼食。
つづき。

b0198254_2123185.jpg

カシラ。ミソ。
カシラの串焼きにもつ煮のみそダレがかかっている。
白飯がほしくなる。
ここで焼酎ふたつめ飲了。

b0198254_21393671.jpg

シロ。たれ。よく焼き。
「よく焼き」で注文するとよく焼いてもらえる。
ウェルダン。
この焼き加減ならもつ焼き苦手な♀でも食べられそうだ。
ここで焼酎みっつめ突入。

b0198254_215314100.jpg表は猛暑日。
2010年東京最後の真夏。
でも店内はさほど暑さを感じない。
暖簾と軒下の間から向かいの魚屋の2階を見上げるとアーケードの商店街は不思議と涼しげ。
というよりすでに酩酊に入ル。

b0198254_2231376.jpg

レバ。うす塩。わか焼き。
「わか焼き」は軽めに焼いてもらえる。
レア。
レバについては生があるそうだが、連れてってくれた知人のおススメ通りこのわか焼きもグー。


以上。プラス、レバをもう1っちょ、たれ、よく焼きで、しめ。と相成りました。
(最後はそのおいしさと酔いの回りで写真を撮ってなかったことにいま気づく)

今回、もつ焼きはすべて2本盛りだったので連れの知人と1本ずつ分け合い、煮込みとお新香も半分こ。焼酎は連れが5杯でミーが3杯。単価がすべて170円だそうで、2人で合計3060円でした。なんてバリュー。あーびっくりした。てしてしてしてし。
b0198254_22423331.jpg

                      ごちそうさまでした。
[PR]
by books_albatross | 2010-09-10 22:55 | あほう♂

宇ち多"

あほう♂。
一昨日の昼食。

b0198254_21484289.jpg
午後1時10分到着。
しばし並んで午後1時45分入店。
(一巡目)

b0198254_21343829.jpg

テッポウとコブクロのナマ。
あるいは新規。
(要はお通しですな)
b0198254_21595249.jpg

飲み物はウメ割で。なみなみと注がれた焼酎にウメシロップ。とにかくきく。
が、モツによくあう。

b0198254_22132478.jpg
煮込み、ホネ入り。
豚の顎の部分が入っている。
数が少なく、一巡目で入れないとありつけないそうだ。
連れてってくれた知人はこれが目当てで、ぼくらは炎天下を行列した。


b0198254_22245247.jpg
ツル塩。
個人的にはこれがいちばんうまかった。
おちんちん。
らしいが。

付け合せに注文したお新香がまたいい。



つづく...
[PR]
by books_albatross | 2010-09-09 22:36 | あほう♂