3月29日(火) 営業時間

3月29日(火)夕方5時〜7時 店閉めます。
夕方4時〜7時迄休業 に変更いたします。


出張買取のため。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。
b0198254_1444554.jpg

[PR]
by books_albatross | 2011-03-28 21:32 | おしらせ

3月26日、詩の朗読ライブ「続・同行二人」はおかげさまで無事に終了いたしました。この日お運びのお客さま、出演のカワグチタケシさん、村田活彦さん、松浦年洋さん、中村ルイーザ真美さん、宣伝告知にご協力くださった各方面のみなさま、どうもありがとうございました。
この会は地震後すぐに詩集売上の全額寄付と「お客さんがひとりでも、ひとりのお客さんもいなくても予定の演目はすべて朗読しようと思っている」と意志表明くださったカワグチタケシさんはじめとする出演のみなさんのぶれのない気持ちと、こんな時だからこそ個人の小さな声、詩の言葉を欲したひとりひとりのお客さんの思いとが呼応した、あたたかな集いになったと思います。
事情で来たくても来れなかった方もたくさんいらっしゃったと思います。
カワグチさん村田さんがそれぞれブログでライブについてご報告くださっていますが、この日のライブ録音をCD化する計画も進行中です。出来上がりを楽しみに待ちながら、ここには私のレポートではなく、カワグチさん、村田さんが朗読された詩を1篇ずつ記させてもらいたいと思います。



都市計画/楽園
カワグチタケシ

楽園の夢を見た
この世界ではいま
それが必要だから

まず
都市計画の話を
人間の楽園の話をしよう

ペブルビーチ
サンドビーチ
エプコットビーチ

椅子に座って
話をしよう
なぜ殺してはいけないか
そして
殺してはいけないもののリストを作ろう
バッタ
昆虫たち
幼虫とさなぎと成虫
常緑樹の葉の裏にびっしりと産みつけられた卵
昆虫より足の多い虫たち
蜘蛛
ムカデ

蜉蝣は?
寄生虫
ワーム
みみずく
ふくろう
うさぎ
うさぎ狩り
蜥蜴と蛇
サーベルタイガー
翼のある生き物
カモメ
うみねこ
落ち葉
雑木林の中の不確かな道
川の音

川の水を飲む動物たち
川の水が流れ込む先
水ゴケ
羽虫
浮き草

花火
日干し煉瓦
石畳
鉄の車輪
地下水道
地下水道の下を流れる地下水
地下鉄の駅で忙しく左右に動く瞳
積乱雲
夕立ち
タービン
桜色の爪
桜色の爪先
ピアノソナタ
オルビス
デッドロック
ベル

殺してはいけないもののリスト
それはすなわち
楽園に必要なもののリストだ

たまたまうまくいったり
たまたまうまくいかなかったり
結局最後に君は泣いてしまう

椅子に座って
すこし話をしよう
なぜ殺してはいけないか






目をとじて
村田活彦

目をとじて
それぞれの場所で
それぞれのやりかたで
それぞれに祈りをささげて

目をとじて
耳をすませて
静けさの中にかすかな兆しを感じて


目をひらいて
大きく息を吸って
ゆっくりと吐いて
もういちどおなかの底まで吸って
ゆっくりと空に返して

鼓動をかぞえて
心臓から動脈
動脈から毛細血管
毛細血管から静脈
そして心臓へとめぐる血液
指に、つま先にあたたかさを感じて


I do what I can do,with all my energy.

いきたいか
いける
いこう




※この日の入場料収入の半分15000円と、カワグチタケシ詩集売上全額10500円、合計25500円を、東北関東大震災の義援金として、本日3月29日Think the Earth基金にお預けする形で募金いたしましたことをご報告いたします。
[PR]
by books_albatross | 2011-03-28 18:02 | あほう♀

「あいおい古本まつり」出店参加と、夕方5時よりの店内イベント「続・同行二人 A POETRY READING SHOWCASE Ⅱ」開催準備のため、
3月26日(土)は通常営業をお休みします。
よろしくお願いいたします。
[PR]
by books_albatross | 2011-03-27 23:00 | おしらせ

続・同行二人
A POETRY READING SHOWCASE Ⅱ
日時:3月26日(土) 17時開演
料金:1000円
出演:カワグチタケシ 
    村田活彦 +松浦年洋(g),中村ルイーザ真美(per)

カワグチタケシblogspot.com
上記「カワグチタケシblogspot.com」3月13日13:11カワグチさんの追記より
当日会場で販売するカワグチタケシ詩集の売上を全額、東北関東大震災の被災地に募金します。対象は「twenty-two sonnets and some prose(s)」「都市計画/楽園」「ユニバーサル・ボードウォーク」の3タイトル。すこしでも困っている人たちの役に立てるように。こちらもよろしくお願いします!

※入場料収入の半分を東北関東大震災の義援金として募金することにしました。募金する団体は選定中ですが、当日までに明確にしてお知らせいたします。(カワグチタケシ、村田活彦、松浦年洋、中村ルイーザ真美、古書信天翁)3/20付記
※募金先は、仮設住宅の建設も始まったばかりで救援物資もまだまだ行き渡らない現在の時期と現地の状況を鑑み、今現在現地で活動している団体に透明性をもって振り分けてもらえるThink the Earth基金にお預けすることにいたしました。
3/22付記

[PR]
by books_albatross | 2011-03-26 14:11 | おしらせ

値札製作中

切り貼りコピー&カッター定規のローテクにて「あいおい古本まつり」に出店する用の信天翁の値札を作りました。こういうくり返しの作業がけっこう好きだ。チラシ折りとかも。願いを込めたり祈ったり、はたまたまったくの無心になって手を動かすだけの。

b0198254_22482974.jpg

[PR]
by books_albatross | 2011-03-16 00:00 | あほう♀

b0198254_13961.jpg
b0198254_1403135.jpg
b0198254_1411668.jpg
b0198254_1424425.jpg
b0198254_1433985.jpg
b0198254_1443720.jpg
b0198254_1452984.jpg
「赤い信天翁」コーナーは、「古書&BAR 赤いドリル」に連帯するものである! 古本解放戦線よ、いざ、下北沢へ!
[PR]
by books_albatross | 2011-03-09 01:59 | 入荷商品ご案内

今年も一箱古本市の前後を含めた期間を「不忍ブックストリート week」と題して、界隈ではさまざまな催しが行われますが、一足早く桜満開の時期に合わせて京都在住のイラストレーター・ナカムラユキさんの新刊「京都さくら探訪」(文藝春秋刊)発売を記念したトークショー〈桜をめぐるお話と音楽の会〉が「不忍ブックストリートweek」プレイベントとして開催されます。

中止となりました。

b0198254_14395991.jpg


不忍ブックストリートweek プレイベント
「京都さくら探訪」発売記念
〈桜をめぐるお話と音楽の会〉
  (音楽の会は旧安田楠雄邸(千駄木)になります)

4月2日(土)
会場:古書 信天翁
開演:19:00[開場:18:30]

京都の桜写真のスライド上映
+ナカムラユキトークショー

入場料:1000円
定員:40名(予約制)
京都の菓子お土産付き
*別料金にてお飲み物もご用意いたします。


なお、この翌日4/3(日)には、会場を旧安田楠雄邸(千駄木)にて、午後1時より青木隼人ギターライブ/ナカムラユキトークショー/京都の桜写真スライド上映(入場料2500円)があります。信天翁での会が〈桜をめぐるお話の会〉夜バージョン(窓からだんだんの夜桜を望みつつのお話とスライド上映の会)とすると、旧安田邸での会はその昼バージョン、午後の陽光さす安田邸内庭の桜を愛でながらのうららかなお話と音楽の会ということになりましょうか。さあ、どちらのお花見へ。どうぞご予定をあけてお出かけください。4/3(日)の会も中止となりました。


<ご予約・お申し込み先> 信陽堂編集室
ご希望の日にち会場名お名前人数電話番号を明記の上、
下記メールかファックスでお申し込みください。
メール shinyodo@me.com  TEL/FAX 03-3828-4557
※お申し込み後、3日間以内(土日除く)に返信がない場合、お手数ですが、お電話にてご連絡ください。

主催:不忍ブックストリート/協賛:文藝春秋

桜をめぐるお話と音楽の会、ふたつの会場の詳細等記されたステキな桜写真のDMはただいま店頭配布中です。どうぞ、お手に取ってご覧ください。
[PR]
by books_albatross | 2011-03-06 16:24 | おしらせ

b0198254_15153822.jpg

1月「Pippoのポエトリーアワー」、2月「ふたりの朗読会」に続き、3月信天翁店内でのイベント開催は、詩の朗読ライブ「続・同行二人」。昨年、深川そら庵さんで催されたカワグチタケシ、村田活彦による朗読二人会「同行二人」の続篇として信天翁にお目見えです。カワグチさん、村田さんとも、私たちが古書ほうろう在籍時代最初期(90年代末)からのおつきあいですが、この会、カワグチさん曰く「芭蕉と曾良にみずからをなぞらえた男ふたり旅」なんだそうです。(DMをご覧のとおり!)「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人なり。Don't think twice,it's all right.」だとも。よくぞ日暮里へ辿り着いてくださいました、男ふたり旅。春の宵を飾るにふさわしい朗読会になりそうではありませんか。当日はだんだんの桜も開花しているかも。会の終演後にみなでお花見ができれば、とカワグチさんの提案で、開演時間も少し早めになっています。ぜひ、お運びください。



続・同行二人
A POETRY READING SHOWCASE Ⅱ
日時:3月26日(土) 17時開演
料金:1000円
出演:カワグチタケシ 
       村田活彦+松浦年洋(g),中村ルイーザ真美(per)

※入場料収入の半分を東北関東大震災の義援金として募金することにしました。募金する団体は選定中ですが、当日までに明確にしてお知らせいたします。(カワグチタケシ、村田活彦、松浦年洋、中村ルイーザ真美、古書信天翁)3/20付記


カワグチタケシ blogspot.com
(上記カワグチタケシ blogspot.comより追記)
当日会場で販売するカワグチタケシ詩集の売上を全額、東北関東大震災の被災地に募金します。対象は「twenty-two sonnets and some prose(s)」「都市計画/楽園」「ユニバーサル・ボードウォーク」の3タイトル。すこしでも困っている人たちの役に立てるように。こちらもよろしくお願いします!

村田活彦ポエム係長
 村田活彦発行「月刊ポエム係長詩集」信天翁店頭にて好評配布中。
b0198254_2149812.jpg

[PR]
by books_albatross | 2011-03-03 22:02 | おしらせ