著者想像図

甥っ子ご兄弟(小1と年少組)を預かることとなり、下で店の呼び込みなどをやらせておりました。
先日の古書ほうろうの「はじめてのみせばん」でおもしろかった著者想像図(ⓒ武藤良子&ナンダロウアヤシゲ)を思いだし、お兄ちゃん(6歳)に頼んで描いてもらいました。
これで信天翁も商売繁盛といけるかな。



啄木全集 全8巻揃
筑摩書房 1973〜重刷 函 月報揃
¥4200

b0198254_19473657.jpg





失われた時を求めて 全10巻揃
ちくま文庫 1992〜1993 1刷
¥8400

b0198254_1948396.jpg





映画プログラム「レポマン」アレックス・コックス '84 アメリカ
ユーロスペース 1987年
¥1050

b0198254_19485047.jpg





定本野口雨情 全8巻揃
未来社 1985〜1987 月報①欠

b0198254_1950989.jpg





宮沢賢治全集 全8巻セット
ちくま文庫 1992〜1994 ヨレあり
¥4200

b0198254_19504865.jpg





定本 虚子全集
全11巻+別巻のうち、第5巻、別巻、欠の10冊
創元社 昭和23〜24年

b0198254_19513699.jpg



また「ふざけるな」と
お叱りを受けるだけかな。
(あほう♂)
[PR]
by books_albatross | 2011-07-31 21:00 | あほう♂

少し前のお話になりますが、7月16日(土)、月島はOPEN SPACE あいおい文庫のイベント『親子の絆は絵本から』へ行ってまいりました。
以前にあいおい文庫砂金一平さんのブログ
日々の考え…あいおい文庫の場合。
を拝見しこの展示はぜひ見たいと思ったからなのですが、
幼稚園のときに高機能自閉症と診断されて以来、療育のために8年間毎日欠かさず続けてきたという、長嶋柊くんの絵日記が展示されていたのでした。
そこで実際に目にしてみると、その自由な色使いの鮮やかさと既成のものに囚われない表現力にとてもとても魅せられたのでした。
たとえば春の絵に複葉機を入れてみましたところ、それが春らしさにますます彩りを加える効果になっていたりして、もう唸りながら眺めておりました。
きょうのTALKEN2011/1/31より)
「高機能自閉症」なぞと聞きますると、普段の生活やコミュニケーションにおいて本人はさぞかし不自由な思いをしていることでしょう、などと安易に短絡的に想像しがちなところなのですが、この展示を見る限りにおいては、誤解を招くことを恐れずに申しますれば、彼の「高機能自閉症」という才能に、惹かれ、感嘆し、むしろ羨むこと多大なのでありました。
あいおい文庫の砂金一平さんも、「障害っていうのは『個性が豊かである』ってことなんだな」といみじくも仰っておりましたが、斯くもピュアーな個性を目の前にしますと、わたくしのような薄汚れた人間でも浄化されるような心地よい心持ちとなれるのでうれしいのでございます。
あいおい文庫では新井薫さんの『家郷のガラス絵』(長谷川摂子著/未來社)挿絵原画とともに7月31日まで展示されているとのことなので(@aioi_bunko)、見知らぬ方も一度ご覧になってみてはいかがかしら、と思うものでございます。


長嶋柊くんの絵日記はこちらで見ることができます。
TALKEN(とーくん)日記〜高機能自閉症児の絵日記による療育記録〜

こちらは長嶋柊くんの創作絵本です。わたくしの好きな「山形システムねーちゃん」はあいおい文庫でも展示してありました。
『しんくやくしょモノレール』え・ぶん 長嶋柊
ところで「ねーちゃん」とわたくしなどが口にしますと酒臭いオヤジの発する響きしかこだましませんが、
柊くんの使う「ちゃん」は文字通り女の子への親しみを込めた純粋な気持ちへと変換されるのがおもしろいのであります。



会場で絵はがきも購入できました。
♀が額に入れて飾りました。
b0198254_182639100.jpg

b0198254_18272455.jpg
すてきでしょう。
(あほう♂)
[PR]
by books_albatross | 2011-07-28 14:19 | あほう♂

[ ご注文、お問い合わせは albatross@yanesen.net まで ]

b0198254_17595780.jpg
アイラブ・アートⅢ展:写真作品 歴史の天使
                 ワタリウム 1996年 売切

監修多木浩二、編集和多利恵津子 全128頁
マン・レイ、ロバート・メイプルソープ、ジョエル・ピーター・ウィトキン、デュアン・マイケルズ、ロバート・フランク、アレン・ギンズバーグ、アンディ・ウォーホル、アウグスト・ザンダー、リーフリードランダー+ジム・ダイン、ルネ・マグリット、寺山修司、デヴィッド・ホックニー、クリスチャン・ボルタンスキー

b0198254_184277.jpg
・THE PORTRAIT OF DUANE MICHALS 1958-1988
             TWELVE TREE PRESS 1988年
 テキスト英語 寸法37×28.5×2 

b0198254_184513.jpg
・AUGEN-BLICKE IRVIN PENN
          Verlag C.J.Bucher 1960年
 ※函シミヨゴレあり、本体布装にシミあり
 テキスト独語 全183頁 寸法35×26×3
 アーヴィン・ペンの第1写真集のドイツ語版
[PR]
by books_albatross | 2011-07-07 18:21 | 入荷商品ご案内

[ ご注文、お問い合わせは albatross@yanesen.net まで ]

b0198254_17271546.jpg
1.9.4.7 石内都 IPC 1990年 売切  ※扉頁に薄くシミあり
 全108頁 寸法27×29×1.5 
 掲載文 写真集「1.9.4.7」に向けて/石内都
     インターコース/伊藤比呂美
     固有の肖像としての身体/山岸享子
b0198254_17281445.jpg
・NU・E 楢橋朝子 蒼穹舎 1997年
FUNICULI FUNICULA 楢橋朝子 蒼穹舎 2003年 売切







[PR]
by books_albatross | 2011-07-07 17:51 | 入荷商品ご案内

[ ご注文、お問い合わせは albatross@yanesen.net まで ]

アジア・アフリカの絵本や大人の絵本が印象的なアートン(現アートン新社)の「韓国の絵本10選」の後半5冊セット。前半5冊がないのが残念でなりませんが、書店では1冊ずつでも販売されていたシリーズです。ハングル絵本「あかいきしゃ」や民俗芸能パンソリの抜粋を子ども向けに解説した「水宮歌」など、韓国の文化を紹介する絵本と新しい創作絵本をあわせた内容になっていますが、それぞれ絵が魅力的なだけでなく、本を見開いた瞬間に飛び込んでくる色彩、紙質、作品解説、奥付、タイトルの配置の美しさもうれしいシリーズです。ハングル文字って清々しいなと見とれてしまう。アート・ディレクション長友啓典、ブックデザイン福田真一。

b0198254_14583050.jpg
・韓国の絵本10選 5巻セット2 訳・解説おおたけきよみ アートン
                   2005年セット函 売切 
あかいきしゃ/パパといっしょに/わたしの社稷洞/あずきがゆばあさんとトラ/水宮歌 水宮歌はCD付

b0198254_15265264.jpg


「あかいきしゃ はじめてであうハングルの絵本 絵と文パク・ウニョン」
b0198254_1551142.jpg
b0198254_1555923.jpg
b0198254_1571380.jpg


「パパといっしょに イ・サンクォン文ハン・ビョンホ絵
b0198254_1519453.jpg



「わたしの社稷洞(サジクドン) キム・イネ文ハン・ソンオク絵」
b0198254_15193622.jpg

b0198254_15202565.jpg


「あずきがゆばあさんとトラ チョ・ホサン文ユン・ミスク絵」
b0198254_15214766.jpg


「こどもパンソリ絵本 水宮歌 イ・ヒョンスン文イ・ユッナム
b0198254_1523740.jpg
b0198254_1524830.jpg

[PR]
by books_albatross | 2011-07-07 15:46 | 入荷商品ご案内

[ ご注文、お問い合わせは albatross@yanesen.net まで ]

福音館の「月刊たくさんのふしぎ」「こどものとも」が入荷しました。全体にうすく黄ばみヨゴレがありますがすべて初版です。

<月刊たくさんのふしぎ>
b0198254_13451591.jpg
・90年9月 飛びたかった人々 佐々木マキ  売切  ※表紙に薄く折れあり

b0198254_13461530.jpg
89年8月 あっ、流れ星!庄司絵里子文 村上康成絵¥840
・89年12月 クリスマス・クリスマス角野栄子¥840
・90年4月 風はどこからくるのだろう吉野正敏文 夏目義一絵¥840
・90年5月 海藻はふしぎの国の草や木横浜康継文 三芳悌吉絵¥840
・90年6月 アナログ?デジタル?ピンポーン!
          野崎昭弘文 タイガー立石絵¥1050
・90年7月 地下につくられた街・カッパドキア大村次郎文・写真¥840
・90年8月 花がえらぶ 虫がえらぶ山下恵子文 松岡達英絵¥840
・90年11月 ガラス 砂の宝石井上暁子文 池田尊彦ほか写真 西山晶絵¥840
・91年8月 石ころ 地球のかけら桂雄三文 平野恵理子絵¥840



<こどものとも>
b0198254_141348.jpg
・ 153号 とんがとぴんがのぷれぜんと 西内みなみ作 司修絵
                       1968年 売切
b0198254_14135164.jpg
・114号 ねずみおことわり中谷幸子案 小野かおる作絵
                     1965年 
・122号 どうながダック 永田力 作絵 1966年売切
・126号 ちょうちんあんこう なかのひろたか作絵 1966年 ¥1050
・128号 てまりのうた与田準一作 朝倉摂絵 1966年 ¥1050
・121号 はくちょうとおしどり岩崎京子作 野崎貢絵 1966年 ¥1050
129号 ぐりとぐらのおきゃくさまなかがわりえことやまわきゆりこ
                       1966年 ¥1050

・131号 だるまちゃんとてんぐちゃん 加古里子作絵1967年 ¥1050
・134号 あかちゃんのはなし 与田準一作 吉井忠絵1967年 売切
・141号 かえるのいえさがし 石井桃子、川野雅代作 中谷千代子絵
                       1967年 売切

・142号 うみをわたったしろうさぎ瀬田貞二再話 瀬川康男画
                       1968年 売切

[PR]
by books_albatross | 2011-07-07 14:26 | 入荷商品ご案内

仙台で撮ってきた写真

仙台にカメラを持って行きました。10年ほど前不忍の池のほとりの骨董市で衝動買いした古いカメラ。撮り方、使い方まったくわからなかったけれど、露店の女性店主さんが、さっぱりとした口調で「撮れますよ。」とカメラをしげしげと見ていた私に声かけてガラスケースから出して見せてくれたので、ぱっと買った。7000円くらいだったと思う。買ってすぐ当時よく通っていたとんかつ屋の常連仲間カメラマンのコバちゃんに撮り方を教わって身近な人にレンズを向ける日々が続いた。カメラのしくみや撮影技術は一向に覚えられず、覚えようともせず、「この距離なら大体ここか」とまったく大ざっぱにシャッターを押し続け、できあがった真四角の写真をみるのがただ楽しかった。ブローニーのフィルム現像はいつもやなか銀座商店街のボンフォトスタジオに出した。出来上がりを取りに行くと社長のノリさんが「いいじゃない。」とかなんとか。笑顔で講評くれたりした。それも楽しかった。でも、一時の流行りが過ぎた。そんなふうに私はふっつりやめてしまっていた。なんでかな、あれでわめぞの人々を撮ったらどんなふうに写るんだろう、ふと思いたって、ずっと押入の奥にしまいこんでいたカメラを出してきた。革のケースはヒモが切れてカビだらけ。当時最小限覚えたはずの取扱方操作法も全部、きれいさっぱり忘れてしまっていたので、今度は信天翁ご近所のカメラマン、和田さんを捕まえて唐突に矢継ぎ早に操作法を聞いた。それから和田さんと一緒にいたウロウロ山田さんが千駄木のDTPイエロージャケットのことを教えてくれた。10年たった自分も「大体ここかな」とか「ま、運だめしと思って」「写ってたらラッキー」そんな調子で撮っていた。それでも思っていたよりたくさん、そして自分の目がみた通りの人々がそこにいて、私はとてもうれしかった。



b0198254_16232914.jpg
b0198254_16334829.jpg
b0198254_16343382.jpg
b0198254_16354586.jpg
b0198254_16364410.jpg

b0198254_2023310.jpg
b0198254_2024038.jpg
いつのまにか写っていたナゾの渡世人
[PR]
by books_albatross | 2011-07-04 20:33 | あほう♀

6月25日(土) 11〜17時
Sendai Book Market 2011に参加します!
古書信天翁はわめぞの古本市「出張わめぞ」内に出店いたします。よろしくお願いいたします。

詳細 → Book! Book! Sendai 2011 
     わめぞblog 

出張わめぞ参加にともなって、店の営業を変更いたします。
6月24日(金)休/6月25日(土)12時~20時
なお、6月25日(土)は、不忍ブックストリート「秋も一箱古本市青秋部」のふたり(N部長&I副部長)が留守番で信天翁の帳場に入ります。東京にいらっしゃるみなさま、ぜひひやかしにきてくださいませ!
[PR]
by books_albatross | 2011-07-02 13:40 | おしらせ