8月1日(木) 臨時休業いたします。

つちうら古書倶楽部の大古本まつり搬出のため、お休みいたします。


b0198254_18391039.jpg


ゆく7月くる8月

b0198254_18295398.jpg
b0198254_18324032.jpg

b0198254_18332714.jpg
b0198254_18352111.jpg

[PR]
by books_albatross | 2013-07-30 18:49 | おしらせ

【 ご注文、お問い合わせは albatross@yanesen.net まで 】

b0198254_17311270.jpg
・THE COVER ART OF BLUE NOTE RECORDS Graham Marsh 他編集 COLLINS&BROWN 1998年  テキスト英語 売切

b0198254_17313740.jpg
・エリック・ドルフィー シモスコ&テッパーマン 間章訳 晶文社 1995年 8刷 売切
・セロニアス・モンク 沈黙のピアニズム ローランド・ウィルド 水野雅司訳 音楽之友社 1997年¥1000
・ビル・エヴァンス ジャズ・ピアニストの肖像 ピーター・ペッティンガー 相川京子訳 水声社 2000年 初版 売切

b0198254_1732799.jpg
・ペット・サウンズ ジム・フジーリ 村上春樹訳 新潮社 2008年 ¥800 帯
・サウンドアート 音楽の向こう側,耳と目の間 アラン・リクト まえがきジム・オルーク 翻訳荏開津広、西原尚 監訳木幡和枝 フィルムアート社 2010年 初版帯 売切
[PR]
by books_albatross | 2013-07-30 17:46 | 入荷商品ご案内

【 ご注文、お問い合わせは albatross@yanesen.net まで 】


補助無しの自転車に乗れるようになった瞬間というのを、いまも覚えている。
考えてみたら、あの気持ちは、乗れなかったときから乗れるようになる、そのたった一度きりしか経験できないのだなぁ。
あの不思議でうれしくて愉快な気持ち。
b0198254_15244121.jpg
・自転車讃歌 20キロ文明への憧れ 真鍋博 ぺりかん社 1973年 ¥5000 初版帯 *表紙ヤケ傷みキズ

自転車讃歌

自転車の目は 自分の目だ。
原動力は足で、 制御は手で。

自転車の自は 自身の自だ。
自分の力で走り、
自分の意志で走る。

自転車の目は、自身の目だ。
たとえひっくりかえっても
自転車のせいにしたりはしない。
自分の力を知っている。
自分の力を信じている。


(『自転車讃歌』見開き頁より抜粋)
[PR]
by books_albatross | 2013-07-30 15:53 | 入荷商品ご案内

ジャン・ジュネ詩集ほか

【 ご注文、お問い合わせは albatross@yanesen.net まで 】

ジャン・ジュネ詩集ほか入荷しています。
b0198254_158674.jpg
・ジャン・ジュネ詩集 中島登訳 国文社 2004年 ¥1000 改訂2刷
・詩人とボクサー アルチュール・クラヴァン伝 谷昌親 青土社 2002年 ¥1200
・虐殺された詩人 アポリネール 窪田般彌訳 白水社 1975年 ¥500 函
・エリュアール詩集 安東次男訳 思潮社海外詩シリーズ 1985年 ¥800 重刷
・イリュミナシオン アルチュール・ランボー 鈴村和成訳 思潮社 1992年 ¥1000 カバーキズ、小口にシミ小
・シャルル・ボードレール 現代性の成立 阿部良雄 河出書房新社 1995年 ¥2500 初版
・詩と絵画 ボードレール以降の系譜 ジャック・デュパンほか 未知谷 2011年 ¥1000 初版
・フランス詩のひととき CD付 吉田加南子 白水社 2008年 売切
・シルヴィア・プラス詩集 徳永暢三編訳 小澤書店 1993年 ¥1800 初版
・ベル・ジャー シルヴィア・プラス 青柳祐美子訳 河出書房新社 2004年 ¥800 初版
・来るべきロートレアモン エピステーメー叢書 ル・クレジオ 豊崎光一訳 朝日出版社 昭和55年¥1000初版
[PR]
by books_albatross | 2013-07-30 15:17 | 入荷商品ご案内

【 ご注文、お問い合わせは albatross@yanesen.net まで 】

資生堂文化事業部発行の「WORD」が入荷しています。
2001年から2006年まで、銀座資生堂ビル内ワード資生堂ホールで毎週金曜日に行われていた「WORD FRIDAY」というトークプログラムが誌面になっています。「ワードフライデー」は、「あ」から「ん」まで1年に45回のテーマに沿って作家、学者、評論家、ミュージシャン、映像作家etc...を招いて講演や対談の形式で行われたプログラムでした。


・WORD Vol.17~42 (うち35欠)  25冊一括  資生堂文化デザイン部発行 2002~2004年 売切
 編集長小俣千宣 編集委員秋山道男 後藤繁雄 前田和男 事務局谷郁雄 デザイン中條正義 写真吉永マサユキ 
b0198254_9381690.jpg


b0198254_13582234.jpg
例えば、2004年6月2日「WORD Vol.38」は「お」から「く」。
・「お」思いつきの確信犯。紙上の正夢? クラフト・エヴィング商會×松田哲夫
・「か」架橋か越境か。外国語と母語の狭間で見た言葉の姿とは? 多和田葉子×堀江敏幸
・「き」希望にむかって脱出。君は今どうしていますか? 佐野元春×今井智子
・「く」薬も驚く免疫力ってなに? 安保徹×南伸坊

b0198254_13584270.jpg
アート・ディレクションは中條正義です。
[PR]
by books_albatross | 2013-07-29 09:39 | 入荷商品ご案内

本の買取のことなど

【 ご注文、お問い合わせは albatross@yanesen.net まで 】

このところ、つづけて買取に恵まれました。ありがとうございます。
「どんな本なら買取するのかしら?」「お宅のお店に向いてないと悪いと思って。」
とは、お客さまからよく聞かれることです。
店内の棚を構成している本や、ブログ上で紹介している入荷情報には一定の傾向や得意分野が反映されているので、それらを参考にされた場合、そこにあてはまらない本、例えば信天翁の場合は国内の小説や文庫本、思想、批評、学術書、経済書etc... あるいは気軽な趣味の本、雑誌などは、買取対象外なのかと思われる方も多いのかもしれません。
でも、実際、そんなことはありません。
買取については、分野を絞らずに広くお引き受けしています。
(もちろん、査定額はまちまちで、ほとんど評価できないものもあるのは事実ですが。)
もし、信天翁の店頭ではなかなか売れにくい、必要としているお客さまにめぐり逢うことが難しい、という分野の本であっても、そういったものは最終的には古書組合が運営する市場の交換会(古書組合加盟店の古書市場のことで、ここで同業同士、多種多様な本を売ったり買ったりしています。)で、どこかの古書店さんに必要とされ、再び生かされるものです。
そうやって、信天翁にお持ち込みくださった本は、幾段階かのプロセスを経て、欲する人のところへ巡っていきます。
ですので、「信天翁さん、大変そうだから本を売りに行ったりしたら困っちゃうんじゃないかしら。」なんて遠慮は、どうかくれぐれもなさいませぬように(実際、そのような言葉をかけられたことがあり...)。
本をお売りいただくことは本当にありがたいこと、それがあってこその古本業です。
ああ、なんだか、くどいお願い口調になってしまいました。


古書信天翁HPのトップ「買取について」もぜひご参照ください。
出張買取や、ご近所への台車でのお伺いなども、ご相談承っております。




b0198254_19583834.jpg

b0198254_012463.jpg

b0198254_0152865.jpg

[PR]
by books_albatross | 2013-07-27 21:09 | あほう♀

茨城県土浦市の「つちうら古書倶楽部」で開催中の「大古本まつり」に出店参加しています。
東京からは、ちょっと遠出になりますが、そのつもりで出かけると意外と近いと感じるかもしれません。JR常磐線で上野から1時間(1110円)、フレッシュひたち号なら約40分(2010円)です。お車の方には、すぐ近くに提携の駐車場のご用意もあります。

第2回 つちうら古書倶楽部の大古本まつり
7月25日(木)〜31(水)

10~20時(最終日のみ18時閉場)

会場:つちうら古書倶楽部
茨城県土浦市大和町2-1 パティオビル1F tel 029-824-5401
アクセス:JR常磐線土浦駅西口出口より徒歩1分、西口出口より右手にりそな銀行、信号を右折して50m先左側



b0198254_11444527.jpg

[PR]
by books_albatross | 2013-07-27 11:46 | おしらせ

7月19日(金) 臨時休業します。

「つちうら古書倶楽部の大古本まつり!!」
搬入のため、店の営業をお休みします。よろしくお願いいたします。
[PR]
by books_albatross | 2013-07-16 20:31 | おしらせ

今年はまだ蝉の声を聞いていません。
店の近くのアパートに住んでいたときは、都内では珍しいくらい、庭に鬱蒼と木が生い茂っていた環境で、6月の梅雨どきの大概夜中から明け方あたりに一番乗りの蝉の声を聞きました。
一番乗りの蝉の声、「みーーん....」の「....」のところで、いつもなんとなくクスッとしてしまうのでした。
勝手な人間の妄想だとはわかっているのですが、「みーーん」がためらいがちのように聞こえてしまうのです。
あたりの様子を伺いながら鳴いてみたけど、「あり?だれもいないや...」
人間にもいろいろな人生があるけれど、蝉には蝉のいろいろな蝉生があるのだろうか。
7日以内に次の蝉が孵るといいね、仲間に会えるといいね。と思ったりしました。
これもおそらく勝手な人間の妄想なんでしょうが。

お知らせです。7月はふたつの祭りに出店参加します。

鬼子母神通りみちくさ市
7月15日(月・祝) 11~16時
 

鬼子母神通り商店街での古本フリマです。古書信天翁の出店場所は「鬼子母神参道入口付近」です。幻影文庫さん、それから樽腹亭一門さんたちとご一緒です。わーい。すぐ近くの大鳥神社では手創り市もあります。鬼子母神、雑司ヶ谷散策はいかがですか。出店の全25ブース紹介「わめぞの古本市」はもちろん、トーク関連イベントなどもあわせた詳細は、コチラ → 鬼子母神通り みちくさ市 ブログ 


つちうら古書倶楽部の大古本まつり !!
7月25日(木)〜 31日(水) 10~20時 (最終日のみ18時閉場)


会場は、常磐線土浦駅近くの 「つちうら古書倶楽部」 です。
もとはパチンコ店であった (!!) 広い広い店内は、22の常設古書店の棚で構成されています。
それだけで壮観な店内の一角に、期間中は特設スペースが出現します。回遊してください。
目録もまもなく出来上がります。お楽しみに。

常設参加22の古書店は → コチラ

つちうら古書倶楽部
茨城県土浦市大和町2-1 パティオビル1F TEL 029-8244-5401
【アクセス】
常磐線土浦駅西口出口より徒歩1分西口出口より 
右手りそな銀行を右折約百歩進、左側到着です。



b0198254_1641397.jpg









 
[PR]
by books_albatross | 2013-07-06 15:36 | おしらせ

【 ご注文、お問い合わせは albatross@yanesen.net まで 】


農文協発行の須藤功編『写真ものがたり 昭和の暮らし』が入荷しました。
全10巻のうち1-5巻の5冊一括でのお取扱いです。

b0198254_2033066.jpg
・写真ものがたり 昭和の暮らし 1-5巻 須藤功編 農文協 2004,2005年

 1.農村
 2.山村
 3.漁村と島
 4.都市と町
 5.川と湖沼
[PR]
by books_albatross | 2013-07-04 21:06 | 入荷商品ご案内