8月の予定なんてまだ先のことではありますが、あれよというまに今日で6月がおしまいなんですね。

そんなわけで思い立って早めのイベント告知です。



b0198254_20321232.jpg

【真夏の東京蚤の市に出店します】

真夏の東京蚤の市 at 大井競馬場
8月19日(土) 12:00~20:00
  20日(日) 11:30~19:00
会場:大井競馬場 入場料:600円(小学生以下は無料)


毎年春と秋恒例の「東京蚤の市」が初の真夏開催とのことです。もちろん古書信天翁も出店参加いたします。
場所はいつもの多摩川競輪から大井競馬場へ、東京西部から京浜地帯進出です。時間はゆっくりめがうれしい、昼から夜にかけて。真夏、モノレールに乗って大井へ、ビール片手に蚤の市。けっこう海も近いし、なんだかちょっと楽しそうじゃありませんか。







[PR]
by books_albatross | 2017-06-30 20:54 | おしらせ


わたしは昨年から学生時代以来のゼミ通いをしています。


そのゼミは「ペチゼミ」といって、ミュージシャンで編集者の近藤十四郎さん首謀、千駄木のカフェ「ペチコートレーン」で毎月第4日曜の夜に開講されている独立講座です。偶数月は文芸評論家の多岐祐介さんが文学の内と外を語る「ペチゼミ文学」。

一昨日はその第7回「安部公房の回」でした。
 
 本質だけをつきつめていくとまるで骨組みだけの建造物
 アヴァンギャルド
 辺境、砂漠とか瓦礫とか...
 
 人は本質だけで生きるのじゃない、
 もっとブロッコリーとか人参とか、
 なんてことない日常のあれやこれやで...
 
 自意識のありかた
 一度は通るべきだけど、通り抜けないと
 
 岡本太郎。

「砂の女」を数十年ぶりに読んでみようかと手にとった今日(*岸田今日子の映画はYoutubeで観られるそうです)、ズビ、ズバッとくりだす先生の数々のフレーズがリフレインしています。「他人の顔」を語りながら、おもむろにスケキヨマスクでにじり寄る先生の絵面とともに(*スケキヨマスクはドンキで売ってるそうです)。

会場のペチコートレーンは普段は音楽のライブも楽しめるカフェです。
なので雰囲気としてはビールやコーヒーなど飲みながら気軽に参加できる娯楽講座といったところでしょうか。
毎回言及作家、作品がありますが「読んでなくても大丈夫。」という触れ込みに偽りはなく、わたしは大体読まずに行っているのですが、いつだって先生の語りにぐいぐい引き込まれる2時間あまりです。
先生の声はとてもいい。その姿もいい。噺家さんのようです。
そのせいもあるでしょうか、わたしは毎回文学ライブに行くのだと思って出かけている節があります。
勉強になることだらけなのだけれど、勉強会ではなくてライブ。そんな気持ちで臨めるところが、このゼミのとてもいいところだと思うし、なんと言っても消えてしまうその時、その場を体感する喜びがある、さらには心に響いたフレーズがあとから自分のなかに再生されてきて、あの作品、あの作家、読んでみよう、となるわけです。
ちなみに毎回、その日の言及作品や関連書籍をささやかに並べているコーナーがありますので、休憩時間に手にとってみることができますし、もちろん購入もできます。

ペチゼミ文学は、文学文芸を専門的に学んでいる人はもちろんのこと、日常的に本に関わっている人もそうでない人も、どんな畑の人にも、案外、週末を終えて月曜を迎えるにあたってのトーン替えがほしいなぁなんて人にだって広く開かれている、そんな場なのではないかとわたしには思われるのです。

《ペチゼミ》
毎月第4日曜日夕方6時半スタート
場所:千駄木ペチコートレーン http://petticoatlane.jp

次回ペチゼミ文学は8月27日(日)

奇数月はライターでイラストレーターの金井真紀さんが出会った達人を招き、そのあり様を聞く「ペチゼミひと」です。 ※7月のペチゼミは休講です。


b0198254_05354542.jpg

終了後、多岐祐介先生を囲んでのひととき



[PR]
by books_albatross | 2017-06-27 17:06 | あほう♀

【 ご注文、お問い合わせ▶︎メール:albatross@yanesen.net 電話:03-6479-6479 まで / 売切の際はご容赦ください 】


海外の漫画作品大量入荷です。
幻想文学作家E.T.A.ホフマン(1776-1822)の短編『砂男』『廃屋』を描いたドイツの漫画作品、
フランスのエンキ・ビラルが5点、
アメコミはバットマンシリーズやX−MENシリーズなどペーパーバック約200冊。





b0198254_16184873.jpg

DER SANDMANN / DAS ODE HAUS 
VON E.T.A.HOFFMANN
GEZEICHNET VON DINO BATTAGLIA
ALTAMIRA LITERATURCOMIC
『砂男』『廃屋』









b0198254_14424345.jpg

BILAL
LE HUMANOIDES ASSOCIES
「外宇宙の記憶」



b0198254_14425337.jpg

BILAL
DIONNET
LE HUMANOIDES ASSOCIES
原作ジャン=ピエール・ディオネ
「抹殺者17号」



b0198254_14422914.jpg

CHRISTIN-BILAL
LE HUMANOIDES ASSOCIES 
原作ピエール・クリスタン
「黒の旅団」



b0198254_14421209.jpg

ENKI BILAL
LE HUMANOIDES ASSOCIES
ニコポル三部作1「不死なる者の祭典」



b0198254_14412887.jpg

ENKI BILAL
LE HUMANOIDES ASSOCIES
ニコポル三部作2「罠の女」















b0198254_16282638.jpg


アメコミ約200冊
DC社と MARVEL社発行のヒーローもの中心ですが、
ノワール風やエログロもあり。
積み上げたら約120cm+50cmに。





b0198254_16503782.jpg



[PR]
by books_albatross | 2017-06-22 16:32 | 入荷商品ご案内


【 ご注文、お問い合わせ▶︎メール:albatross@yanesen.net 電話:03-6479-6479 まで / 売切の際はご容赦ください 】


新入荷、棚に並びました。
男の編み物、ちびっこ広告図案、ぴあ最終号、手塚治虫美女画、川上澄生、日本の幻獣 etc...



b0198254_21293837.jpg



男の編み物 橋本治の手トリ足トリ


橋本治画集

絵本徒然草 橋本治文 田中靖夫絵


ぴあ 最終号 1972年月刊ぴあ創刊号復刻版付き

キッチュ・シンクロニシティ 20世紀消費社会における悪趣味文化の変遷 ピーター・ワード 毛利嘉孝訳


手塚治虫過去と未来のイメージ展


別冊太陽 乱歩の時代 昭和エロ・グロ・ナンセンス

別冊太陽 発禁本 明治・大正・昭和・平成 城市郎コレクション



さがしています アーサー・ビナード作 岡倉禎志写真





世界大博物図鑑3 両性・爬虫類 荒俣宏編

世界大博物図鑑5 哺乳類 荒俣宏編

文京区制50周年写真集 わたしの文京アルバム








b0198254_21274488.jpg

1984年発行の橋本治のニットの本。
この本では「コレコレシカジカ、このとおりにやればハイ!あなたのセーターは出来上がりです」というようなことはしません。
と言っていて、編み物の本には必ずついている編み記号で埋められた型紙なども出てきません。
型紙は作り方を教えています。初級篇で。自分のセーターは自分でデザインしなさいと。
それ、ぜんぜん初級じゃないと思うのですが、
そもそも「1着のセーターをつくる」ということの出発のあたりで本来そういう工程が必要なのだった、
とハッとさせられながら読み進みます。

初級篇、手トリ足トリカラー篇、上級篇の順に構成されていて、
最後が「超弩級篇」ちょうどきゅうへん!
ジュリーのポスターをセーターにする。

b0198254_21270566.jpg




[PR]
by books_albatross | 2017-06-14 16:15

【 ご注文、お問い合わせ▶︎メール:albatross@yanesen.net 電話:03-6479-6479 まで / 売切の際はご容赦ください 】


映画関連書が多数入荷しています。
洋書や雑誌なども現在荷ほどき中、順次店頭に並ぶ予定です。



b0198254_19343360.jpg
映画評論の時代 佐藤忠男・岸川真編著
日本侠客伝 マキノ雅弘の世界 山田宏一
次郎長三国志 マキノ雅弘の世界 山田宏一
伊福部昭の映画音楽 小林淳著 井上誠共編
八っちゃんの撮影所人生 山内八郎 高瀬昌弘
タアキイ 水の江瀧子伝 中山千夏
ショーケン 萩原健一
勝新役者バカ一代 肥留間正明
シベリア超特急特別プロファイリングBOOK 監修水野晴郎 編著平田耕二
映画嫌い 『1980』から『罪とか罰とか』まで ケラリーノ・サンドロヴィッチ
とり・みきの映画吹替王 別冊映画秘宝VOL.3
河童のリゥと夏休み 絵コンテ集 原恵一
ドキュメンタリー映画は語る 作家インタビューの軌跡 
山形国際ドキュメンタリー映画祭東京事務局編



b0198254_19344794.jpg
映画は遊んでくれる 芝山幹郎
世界の映画ロケ地大事典 トニー・リーヴス
レニ・リーフェンシュタール 芸術と政治のはざまに
プレストン・スタージェス ドナルド・スポトー
映画監督という仕事 フェデリコ・フェリーニ リータ・チリオ
ゴダール革命 蓮實重彦
JIM JARMUSCH INTERVIEWS 映画監督ジム・ジャームッシュの歴史 ルドヴィグ・ヘルツベリ
サタデー・ナイト・ライブとアメリカン・コメディ みのわあつお
モンティ・パイソン正伝 テリー・ギリアム テリー・サザーンほか
ハイスクールU.S.A. アメリカ学園映画のすべて 長谷川町蔵・山崎まどか
ハリウッド犯罪調書マグショット ジョージ・セミナラ
イタリアン・ホラーの密かな愉しみ 血ぬられたハッタリの美学 山本圭司編
図説ホラー・シネマ 銀幕の怪奇と幻想 石田一
ジャン・コクトー 映画について
DVD 詩人の血 1930年フランス ジャン・コクトー リー・ミラー
DVD アンダルシアの犬 1928年フランス ルイス・ブニュエル・サルヴァドール・ダリ
DVD アエリータ 1924年ソ連 ヤーコフ・プロタザノフ






映画ともリンクするマニアック系洋雑誌も60冊ほど店頭に並びました。


b0198254_14003485.jpg
「PSYCHOTRONIC VIDEO」1990年代発行




b0198254_14004475.jpg
「INSIDE DETECTIVE」1967~1970発行








[PR]
by books_albatross | 2017-06-03 15:07 | 入荷商品ご案内